外壁のコケを除去する方法は? キレイに仕上げるコツ・予防法を伝授!

「外壁に緑色のコケがついて困る」「除去してもすぐに生えてきてしまう」など、外壁のコケでお悩みではないでしょうか。外壁にコケが生えると見た目に悪いだけでなく、外壁の劣化を進めるため、早く除去する必要があります。しかし、どんな方法でどこに依頼すればいいのかなど、よく分かりませんよね。そこで、今回は、外壁のコケを除去する方法など詳しく解説します。

  1. 外壁にコケが生える原因は?
  2. 外壁のコケを自分で除去する方法
  3. 外壁のコケ除去を業者へ依頼する方法
  4. 外壁にコケがつかないようにするには?
  5. 外壁のコケ除去に関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁のコケ除去ついてよく分かり、適切な対策や予防ができるようになります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.外壁にコケが生える原因は?

最初に、外壁にコケが生える原因などを見ていきましょう。

1-1.緑色の汚れはコケ?

外壁についた緑色の汚れは、主に以下の3つです。

  • コケ:植物・日が当たり、湿気が多い場所に生える
  • 藻(も):植物・日が当たり、常時水につかっている場所に生える
  • カビ:菌類・日が当たらず、湿気が多い場所に生える

外壁で日が当たる場所に緑色の汚れがついている場合、コケの可能性が高いでしょう。

1-2.コケがつく主な原因・つきやすい場所や時期

コケがつく主な原因は、湿気です。川や池の近くなど湿気が多い場所では、コケの胞子がついて繁殖しやすくなります。特に、梅雨など雨が多い時期は、コケが大繁殖することもあるでしょう。外壁でコケがつきやすい場所は、主に以下のようなところです。

  • 隅や溝
  • 外壁と地面が接している部分
  • 屋根などの影になる部分(直射日光が当たらない部分)

2.外壁のコケを自分で除去する方法

外壁のコケは、自分で除去することが可能です。

2-1.外壁のコケ除去で用意する道具や洗剤

外壁のコケ除去には、以下のような道具や洗剤を用意してください。

  • ホース
  • 掃除用ブラシ
  • バケツ
  • 洗剤(市販のコケ除去剤)

2-2.外壁のコケを自分で除去する方法

外壁のコケを自分で除去するには、以下の方法を参考にしてください。

  1. ホースを使って外壁の汚れをざっと洗い流す
  2. 洗剤を掃除用ブラシにつけ、コケの部分をこする
  3. コケが落ちたら洗剤成分を水でよく流す
  4. 最後の仕上げとして、水分をざっとふき取る

なお、付着したばかりのコケの場合は、家庭用の高圧洗浄機を使う方法もあります。ただし、コケがひどい場合は落としきれないので注意しましょう。天候の良い日を選んでコケ除去を行うと、水に濡(ぬ)れた外壁を早く乾燥させることができます。

2-3.こすりすぎはNG

外壁のコケを落とすときは、こすりすぎないようにしましょう。外壁材が傷む原因になります。何回かこすって落ちない場合は外壁材が劣化し、ひびやめくれの中にコケが入り込んでいることもあるでしょう。途中からでも業者にチェックしてもらい、外壁リフォームを検討してください。

3.外壁のコケ除去を業者へ依頼する方法

外壁のコケ除去は、業者に依頼すると便利です。

3-1.こんな場合は業者に依頼しよう

外壁のコケ除去で、以下のような場合は業者に依頼することをおすすめします。

  • 広範囲に付着している
  • 自分で除去しきれない
  • 高所・手が届きにくい場所に生えている
  • 外壁の汚れも同時にキレイにしたい
  • コケ除去をする時間・人手がない

3-2.信頼できる業者の選び方

外壁のコケ除去を依頼するときは、以下のような業者を選ぶと安心です。

  • 外壁のコケ除去に関する実績が豊富
  • 見積もりは無料
  • 料金がリーズナブル
  • 希望の日時に作業してもらえる
  • スタッフの対応が丁寧で感じがいい
  • 顧客からの評判がいい
  • アフターサービスが手厚い

3-3.業者が外壁のコケを除去する方法や流れ

業者では、外壁のコケ除去を以下のような方法や流れで進めていきます。

  • コケが付着している範囲・状態を確認する
  • 周辺を養生し、必要に応じて足場を組む
  • 外壁の洗浄作業によりコケを除去する
  • 洗浄終了後、養生シート・足場を撤去する
  • 依頼人と業者で洗浄後の外壁を確認して完了

3-4.外壁のコケ除去を業者に依頼した場合の料金

外壁のコケ除去を業者に依頼した場合、料金は以下を目安にしてください。

  • 外壁の高圧洗浄:3万~5万円程度
  • 外壁のバイオ洗浄(薬剤を散布してコケの繁殖を抑える):10万~14万円程度

なお、コケの発生状態や範囲・作業内容・足場の有無などにより、料金が上下します。詳しくは、業者に見積もりをもらって確認してください。

4.外壁にコケがつかないようにするには?

外壁にコケがつかないように普段から予防することも必要です。

4-1.コケを予防する手入れ方法

外壁のコケを予防するためには、以下のような方法を参考にしてください。

  • 外壁の周辺に植木鉢などを置かないようにする
  • コケがついたらすぐに除去する
  • 外壁のひび割れを修繕する
  • コケがつきにくい外壁にリフォームする

4-2.コケがつきにくい外壁の素材は?

外壁材には、コケがつきにくい素材もあります。コケは水分を好むため、防水性に優れているも素材がいいでしょう。また、表面の凹凸が少ないものはコケが定着しづらく、キレイな状態を保ちやすくなります。以下のような外壁の素材がおすすめです。

  • タイル
  • 金属系サイディングボード

4-3.風とおしをよくすることも大切

外壁のコケを予防するためには、外壁の近くにものを置かないで、風とおしをよくするように心がけましょう。植木鉢などの影になる部分や溝などは、通気性が悪くなって、湿気を好むコケが繁殖しやすくなります。外壁を洗浄・リフォームするだけでなく、周辺環境を改善するようにしましょう。

5.外壁のコケ除去に関するよくある質問

最後に、外壁のコケ除去に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認しておいてください。

Q.市販のカビ取り剤でコケを除去してもいい?
A.おすすめしません。カビ取り剤の成分が外壁を傷めるからです。また、広範囲のカビには、大量に必要となるため、コスト面でも大きな負担になります。

Q.コケが生えても人体に影響がないのでは?
A.外壁のコケ自体は、人体に直接的な影響はないでしょう。しかし、コケをエサに害虫が発生するなど、不潔になりがちです。また、コケにより外壁材が傷むことでカビや汚れがつきやすくなるもの問題でしょう。

Q.何回除去してもコケが生えてくる理由は?
A.外壁にコケの根が深く張っているか、新たに胞子が飛んできやすい環境にあることなどが原因です。まずは、業者に依頼して徹底的に除去してみてください。外壁の素材をコケがつきにくいものに交換する方法も検討してみましょう。

Q.外壁のコケ除去は何年ごとに行うといい?
A.特に決まりはありません、普段からチェックしておき、コケが広がらないうちに除去することをおすすめします。

Q.業者が外壁のコケを除去しているときの注意点は?
A.高圧洗浄を行う場合、汚水が周辺に飛び散る可能性があります。洗濯ものや汚れては困るものは、屋内に入れておきましょう。また、近隣にも作業内容を伝え、洗濯ものを干さないようにしてもらうと安心です。

まとめ

今回は、外壁のコケ除去について詳しく解説しました。外壁のコケを除去するためには、できるだけ早めに高圧洗浄などで落とすことが大切です。また、外壁の日当たりや風とおしをよくすることもポイントになります。外壁のコケは、普段のお手入れで予防することが可能です。こまめにチェックし、コケが付着しはじめたときに対処すれば簡単に落としやすくなります。もしも、広範囲や高所に発生したときなど、自分で手に負えないと感じたときは、専門業者に依頼するといいでしょう。