掃除を習慣化する方法が知りたい! 手軽な掃除で清潔さを保とう!

毎日掃除を行うことは、思っている以上に大変なことです。「面倒だから」「時間がないから」と掃除を後まわしにする方が多いでしょう。しかし、定期的に掃除をしなければホコリが溜(た)まってしまい不衛生な環境になります。では、どうすれば掃除の習慣化ができるのでしょうか。ここでは、掃除を習慣化する方法とポイントを解説します。

  1. 掃除を習慣化するメリットは?
  2. 掃除を習慣化する方法は?
  3. 掃除を習慣化するポイントとコツ
  4. 掃除の習慣化に関してよくある質問

この記事を読むことで、掃除の習慣化についてよく分かります。毎日掃除が続かずに悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

1.掃除を習慣化するメリットは?

最初に、掃除と習慣の関係性と、習慣化させるメリットをチェックしておきましょう。

1-1.習慣の必要性は?

掃除は清潔な状態を維持するために必要不可欠な作業です。もし掃除をしなければ、どんどん室内がホコリで汚れ、あちこちに頑固な汚れができるでしょう。頑固な汚れになるほど掃除が難しく、手間と時間がかかります。不衛生な環境は精神にも悪影響を与え、不安定な心身の状態が続くことになるでしょう。心身ともに健康かつ快適な生活を送るためには、掃除の習慣化が必要です。

1-2.掃除でよくある悩みの種

掃除が習慣化できない悩み・原因としては、「仕事が忙しくて掃除する時間がない」「育児で忙しくてつい後まわしにしてしまっている」など、1番に「時間がないこと」が挙げられます。また、「掃除が面倒でやる気が出ない」というのも、掃除でよくある悩みの種です。ズボラで時間がない方でも、気軽に続けられる方法を後ほど【2.掃除を習慣化させる方法は?】で紹介するので、ぜひチェックしてください。

1-3.掃除を習慣化させるメリットは○○!

さまざまなメリットがありますが、1番は「掃除が面倒に感じなくなること」です。生活をしている限り、部屋は汚れホコリが溜まります。清潔な室内を維持し続けるためには、継続的に掃除を行う必要があり、習慣化することで掃除が「やって当たり前のもの」になるのです。また、「常に清潔な状態を保てる」というメリットにもつながるでしょう。

2.掃除を習慣化する方法は?

では、どうすれば掃除を習慣化させることができるのでしょうか。

2-1.掃除に対する意識を変える

あなたにとって「掃除」はどんな立ち位置にありますか? 「掃除が特別なもの」と思っている方は、その考えを捨てることが習慣化への第一歩です。掃除をする際に「完全にキレイにしなければ」と意識すれば、掃除が負担になり、途中で面倒になって継続できなくなります。掃除を特別なものと思わず、あくまで日常の一環として捉えてください。また、掃除の習慣化は「時間をかけないこと」が基本的な考え方です。1日をかけてすべてを掃除するのではなく、毎日できる簡単な掃除で時間をかけずに済ませることが大切なポイントとなります。

2-2.掃除しやすい部屋にする

習慣化する前に、環境を見直してみましょう。掃除しやすい部屋は、いわゆる「スッキリと片付いた部屋」です。床にものが散乱している・ごちゃごちゃしている・片付いていない状態であれば、掃除がしやすい部屋づくりを行います。ものがたくさんある場合は、そこから「要らないもの」と「要るもの」に仕分け、不用品を処分してください。部屋を必要最低限のものだけにするのが、掃除しやすい部屋づくりへの近道となります。

2-3.「ついで掃除」を意識する

掃除を面倒に感じる方におすすめしたいのが「ついで掃除」です。たとえば、トイレに入ったら便座をサッとひと拭きする・キッチン使用後はシンクまわりについた水滴を拭き取るなどがあります。最初は意識して行う必要がありますが、慣れればついで掃除が当たり前の作業になるのです。ついで掃除を意識するだけでも、掃除しなければスッキリしない状態へと意識を高めることができるでしょう。

2-4.「ながら掃除」もポイント!

「ついで掃除」と同じく、「ながら掃除」という習慣化の方法があります。たとえば、歯磨きをしながら洗面台の鏡をキレイにする・テレビを見ながら床掃除をするなどです。ながら掃除はルーティーン化することが大切なので、自分の行動パターンを踏まえた上でその時々にできる掃除をまとめてみてください。「1日1回、夜寝る前に歯磨きをしたら洗面ボウルを拭き掃除する」などのルールを決めておくといいでしょう。

2-5.使った後はすぐに片付ける、溜めこまない

掃除の習慣化のコツは「使った後すぐに片付ける、溜めこまないこと」が基本です。たとえば、キッチンは毎日使うので汚れやすい場所でもあります。汚れを放置するほど掃除に時間と労力がかかるため、すぐに掃除を行うのが大切です。料理の後の油汚れや生ごみの処理は、使った後に掃除し片付けましょう。また、洗いものも溜めこまないようにしてください。さらに、キッチンにあるものは食材が多いので、賞味期限や消費期限の切れているものは適宜処分することも掃除の習慣化へつながるポイントです。

2-6.便利な掃除道具をそろえる

掃除が習慣化できるか否かは、掃除道具選びも大きく関係しています。できるだけ、掃除を面倒な作業に感じないよう、便利な掃除道具をそろえておきましょう。ホームセンターやドラッグストア・100円均一ショップでも、さまざまな便利グッズが販売されています。中でも、おすすめしたいのが「ハンディーモップ」と「フロアワイパー」です。ハンディーモップは本棚のすき間やテレビ台の裏など、掃除しにくい場所に溜まったホコリをサッと拭き取ることができます。フロアワイパーは掃除機代わりになるので、汚れを見つけたときにすぐ除去できるでしょう。また、部分的な汚れに対応できる「コードレス掃除機」もおすすめの掃除道具です。

3.掃除を習慣化させるポイントとコツ

さらに、掃除を習慣化させやすくするためのポイントとコツを解説します。

3-1.毎日できそうな掃除をリストアップする

掃除の習慣化は意識しすぎないことが大切です。まず、自分の生活スタイルを把握し、日記やスケジュール帳などに、毎日続けられそうな掃除をリストアップしてください。たとえば、「風呂上がりに浴室を掃除する」「使用後にシンクを磨く」など、具体的な内容を記載することで3日坊主を防ぐことができます。ちょっとした時間ができたときに、リストアップした内容を確認するように心がけましょう。気軽にできる掃除内容をリストアップしておけば、時間を有効に使うこともできるでしょう。

3-2.掃除に楽しさをプラスする

楽しく掃除ができる工夫を凝らすことも、習慣化づける大切なポイントです。たとえば、大好きなアーティストの音楽をかけながら床掃除をしてください。音楽をかけるだけでも気分が高まり、楽しさがプラスされるでしょう。また、お気に入りの掃除グッズを見つけて使うのも、楽しくなるポイントです。

3-3.モチベーションを高める

掃除への意欲がなかなか湧かない方は、モチベーションを高める「ご褒美」を自分で設定するのがおすすめです。ご褒美があると掃除への意欲が高まり、毎日続けようとする気持ちも出てきます。しかし、毎日ご褒美を用意すると効果が薄まるため、「10日ごとに続けられたらご褒美」という期間を決めるのがポイントです。困難なルールを作ると達成できず途中で諦める可能性があるので、少し頑張れば達成する設定を決めてくださいね。

3-4.「朝掃除」を心がける

仕事が忙しくて時間がない場合は、「朝掃除」がおすすめです。朝はバタバタするので時間がないと思いがちですが、少し早起きするだけでも簡単な掃除ができます。たった5分でも構いません。数分間あれば、シンクまわりをキレイにしたり、トイレ掃除ができたりとさまざまな掃除ができるでしょう。最初は5分に設定し、少しずつ慣れてきたら10分・15分と掃除時間を増やしてください。

3-5.掃除道具を使用場所の近くに置く

いざ掃除をしようとやる気がみなぎっても、掃除道具が遠い場所にあるといちいち取りに行くのが面倒に感じてしまい、習慣づけることができません。そのため、掃除道具はよく使用する場所の近くに置いておきましょう。たとえば、キッチンの蛇口近くにシンク用スポンジ、洗面台の下にはウェットシートや洗剤を置きます。使用場所の近くに設置すれば、わざわざ取りに行く手間が省け、時間短縮にもつながるでしょう。

3-6.あると便利な掃除グッズ

「重曹」は室内にある多くの汚れを除去する洗剤にぴったりのアイテムです。粉のまま使用することもできますが、水100mlに対し小さじ1杯程度をよく混ぜた「重曹水スプレー」にしてください。汚れの部分にサッと拭きかけタオルで拭き取れば、汚れが簡単に落ちます。手軽に使える掃除グッズを用意することで、掃除しやすく習慣化できるでしょう。また、「クエン酸スプレー」(クエン酸小さじ1杯:水200ml)も便利な掃除グッズです。クエン酸は酸性の性質を持っているため、水あかなどアルカリ性の汚れを落とすことができます。

3-7.無理のない掃除が大切!

習慣化づけるためには、無理のない掃除を心がけることが大切です。「毎日すべての水まわりをキレイに掃除する」と、高いハードルを作れば3日坊主になってしまいます。最初から無理なルールを設定せず、気軽に続けやすい掃除から始めて慣れていきましょう。そうすれば、ストレスを感じることなく掃除が習慣化できます。少しずつ掃除に慣れてきたら、範囲を広げていきましょう。

4.掃除の習慣化に関してよくある質問

掃除の習慣化に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.毎日の掃除を忘れてしまうときは?
A.習慣化したいことや目標を、目に見える形で残すことです。リストアップした掃除内容をメモに書き出し、毎日目にとまる冷蔵庫などに貼っておきましょう。そうすれば、思い出しやすくなり、毎日の掃除を忘れることもありません。ただし、見慣れると効果が薄れるため、何日かおきに内容を変えるのがポイントです。

Q.3分でできる簡単な掃除方法は?
A.家が広いほど床掃除が大変ですが、フロアワイパーを活用すれば3分で簡単にフローリングが掃除できます。また、汚れが気になる箇所だけ「速乾タイプのつや出しスプレー」つけたタオルでサッと拭き取れば3分でキレイにできるでしょう。速乾タイプなので、すぐに乾き、フローリングのつやが取り戻せます。ほかにも、玄関をホウキで掃く・重曹水でコンロを拭くなど、3分あればできる掃除が数多くあるのでぜひ試してみてください。

Q.定期的な掃除を行うためのポイントは?
A.1週間で掃除作業を分けることがポイントです。たとえば、月曜は床掃除・火曜は洗面台と脱衣所・水曜はキッチン・木曜は風呂場・金曜は玄関など、自分ができる範囲でルーティーン化していきましょう。作業を場所ごとに決めておけば、それ以外を無理に掃除する必要がなくなり、ハードルが下がります。

Q.ものを減らすための工夫は?
A.たくさんのものがある部屋の場合、なかなか捨てられないという方が多いのが事実です。「もったいない」というものへの執着捨てて、使っていないものを思いきって処分してください。また、新しいものを購入したら古いものを捨てることも大切です。新しいものを購入するたびに、どんどんものが増えていくことを忘れないでくださいね。

Q.掃除しにくい部屋を断つポイントが知りたい
A.すぐに部屋が散らかる人は、ものの定位置を決めていないケースがほとんどです。そのため、定位置を決め、使ったものは決めた場所にすぐ戻してください。少し心がけるだけでも、出したままの状態を防ぎ、掃除しやすい空間へ変えることができます。

まとめ

いかがでしたか? 掃除を習慣化させる方法は、掃除しやすい環境にすることが大きなポイントです。ものがたくさんある・細かい装飾がたくさんある環境は、掃除しにくい傾向があります。要らないものを捨て、必要なものだけ室内に置きましょう。また、一気にすべてを掃除しキレイにするのではなく、「ついで掃除」や「ながら掃除」を活用するのもポイントです。気軽な気持ちで楽しく掃除をすれば、自然と習慣化できるでしょう。