トイレの臭い対策をご紹介! 臭いの原因、悪臭を防ぐポイントは?

トイレは毎日掃除をしないと、すぐに汚れや嫌な臭いが溜(た)まりやすいところです。中には、「いくら掃除しても臭いが取れない」と、頑固な臭いで悩んでいる方がいると思います。主な原因は、便器にこびりついている尿石・残っている尿などに含まれる有機物が腐敗し発生したガスです。これらの原因を踏まえた上で、トイレの臭いを取りのぞく方法とポイントをチェックしていきましょう。

  1. トイレが臭う原因と仕組みを知ろう!
  2. トイレの臭い対策法は?
  3. トイレの臭い予防策は?
  4. トイレの臭いに関してよくある質問

この記事を読むことで、トイレの臭いを除去する方法と対策が分かります。臭わないトイレにしたい方は、ぜひチェックしてください。

1.トイレが臭う原因と仕組みを知ろう!

トイレの独特な臭いを解消するために、嫌な臭いの原因をチェックしておきましょう。

1-1.トイレが臭う原因は?

トイレが臭う主な原因は「尿ハネによるアンモニア臭」と「カビ臭」の2つがあります。
1つ目の「尿ハネによるアンモニア臭」が最も考えられる原因で、便器には尿をするたびにかなりの量のしぶきが飛び散りがちです。便器だけでなく、男性が立って用を足すときには周囲の壁や床にも尿が飛び散ります。目に見えない小さな水しぶきでも、尿が放置されると雑菌が繁殖しアンモニア臭が発生するのです。
そして2つ目の「カビ臭」は、トイレタンクの中や便器内の水たまりで繁殖したカビ菌が原因となります。カビは温度や湿度が高い場所で繁殖しやすく、風通しの悪いトイレ内はまさにカビ菌が発生しやすい場所といえるでしょう。

1-2.トイレが臭う仕組み、発生源は?

前述したとおり、トイレが臭うのは尿しぶきやカビが原因ですが、早めに掃除すれば悪臭を放つことはありません。独特で嫌な臭いが発するのは、それらを長く放置していることが原因となります。また、主に臭いが発生するのは以下の部分です。

  • 便器と床の接合部分
  • 便器周辺の床・壁
  • ウォシュレット便器の裏面と接合部の汚れ
  • 便器上面のフチ(リム)裏の汚れ

2.トイレの臭い対策法は?

トイレの臭いが気になるときは、一体どうすればいいのでしょうか。ここでは、トイレ臭の対処に必要な道具や主な掃除方法について説明します。

2-1.用意する道具、おすすめの洗剤は?

トイレの臭い除去に必要な道具は、以下のとおりです。

  • 使い古した歯ブラシなど、細かいへら状のもの
  • 使い捨てぞうきんやトイレットペーパー
  • 酸性のトイレ用洗剤
  • クエン酸スプレー(クエン酸小さじ1:水200ml)
  • マスク・ゴム手袋

トイレ掃除用の洗剤には中性・酸性・塩素系の3種類があります。日ごろのお手入れでは中性洗剤がおすすめですが、こびりついた臭いを除去する場合は「酸性洗剤」がベストです。酸性洗剤はアンモニア臭を除去するだけでなく、尿石・黄ばみ・水アカに効果が期待できます。ちなみに、塩素系洗剤は黒ずみ・除菌・消臭に効果的です。白い便器に黒ずみがある場合は、塩素系洗剤を使って掃除するといいでしょう。
ただし、塩素系洗剤と酸性洗剤、クエン酸は絶対に混ぜないでください。これらを混ぜてしまうと、有害ガスが発生したり、皮膚が赤く腫れたりする可能性があります。十分に注意して正しく使用しましょう。

2-2.まずは臭いの発生元をチェックしよう!

トイレの独特な臭いが気になるときは次の5か所をチェックしてください。

  • 壁・天井
  • 床全体・床と便器の境目
  • ウォシュレットと便器の境目
  • トイレタンクの中
  • 便器のフチ裏

上記の箇所は、トイレの中でも特に尿素が付着しやすい場所で目に見えない尿ハネが飛び散っている可能性があります。目に見えない尿の汚れは、ブラックライトで照らすといいでしょう。トイレ室内を真っ暗な状態にしてブラックライトを照らすと、黄色く光る特徴があります。絶対に必要というわけではありませんが、ぜひチェックしてみてください。

2-3.主な掃除方法をチェック!

それでは、主な掃除方法を尿素が付着しやすい場所別に紹介します。

2-3-1.トイレ室内の床と壁

トイレ室内の床と壁には、かなりの量の尿ハネが飛び散っています。そのため、以下の方法で掃除を行ってください。

  1. 重曹スプレーをタオルなどに吹きつけ、壁と床を拭く
  2. クエン酸スプレーを吹きつけたタオル等で同じように拭く

消臭効果のある重曹と除菌効果のあるクエン酸を併用することで、よりピカピカに仕上げることができます。また、重曹は手垢汚れにも効果的なので、ペーパーホルダーやドアの取っ手もついでに拭くといいでしょう。

2-3-2.ウォシュレット・便座の裏側

まず、ウォシュレットやシャワートイレ等の便座を取りはずしてください。取りはずし方は各メーカーで異なるため、付属の説明書をよく読む必要があります。便座を取りはずしたら、以下の手順で掃除してください。

  1. トイレ用洗剤(酸性)をつけ、使い古した歯ブラシでこする
  2. 効果を高めるため、トイレットペーパーにトイレ用洗剤を染み込ませて汚れ部分に貼りつける
  3. 15分ほど放置した後、ぞうきんなどでキレイに拭き取る

2-3-3.便器の掃除方法

毎日行う便器掃除ではなかなか落ちない汚れの場合、便器の水抜きを行った定期的な掃除が必要です。以下の方法で入念に掃除を行ってください。

  1. バケツに水をくみ、便器へ一気に流し込む(便器内の水抜きになる)
  2. 便器の黄ばみや黒ずみ部分に覆いかぶさるよう、トイレットペーパーを敷き詰める
  3. トイレ用洗剤(酸性)をトイレットペーパーにかけ、1時間ほど放置する
  4. トイレットペーパーごとタンクのレバーを引き洗い流す
  5. もう1度バケツを使い便器の水抜きを行う
  6. 耐水性サンドペーパーで便器を磨き、頑固な汚れを落とす

2-3-4.便器と床の接合部分

接合部分にはわずかなすき間しかないため、使い古した歯ブラシなどを使うのがポイントです。

  1. トイレ用洗剤(酸性)を接合部に塗布しながらすき間に使い古した歯ブラシの毛を差しこむ
  2. 差しこみながらこすり、汚れをかき出す
  3. 汚れの溜まっている場合は、何度もかき出しをくり返す

2-3-5.便座の上面の淵(リム)

リムには、たくさんの汚れが付着しています。普通の掃除ではなかなか落ちませんが、掃除の姿勢に注意すれば臭いのもとを発見し取りのぞくことができるでしょう。ポイントは膝をついて目線を便器の高さに合わせることです。その姿勢を維持しながら、リムを見まわし、汚れ残りがないかを確認してください。汚れがある場合は、トイレ用のブラシまたは使い古した歯ブラシで擦り落としましょう。

2-4.臭い対策のポイントは?

悪臭対策として、「換気」が最も大切なポイントとなります。日ごろからの掃除も大切ですが、トイレは湿気と温度がこもりやすく、臭いも溜まりやすい場所です。そのため、常日ごろから換気を心がけましょう。小さな窓がある場合は、できるだけ開けてください。窓がない場合は、換気扇をつけて対処します。

2-5.トイレ用洗剤を安易に混ぜない

中性・酸性・塩素系のトイレ用洗剤を混ぜるのはNGです。トイレ用洗剤にも「混ぜるな危険」と表記されているので、絶対に混ぜないようにしてください。誤って混ぜると有毒ガスを発生し、命を危険にさらすことになります。混ぜたからといって効果が高まるわけでもないので要注意です。また、洗剤の特徴によっては、便器が傷つくおそれがあります。心配な方は、目立たない場所に塗り変化がないか確認してから使用するといいでしょう。

3.トイレの臭い予防策は?

普段からできるトイレの臭い予防策について解説します。

3-1.普段から気をつけることは?

トイレの臭いを防ぐために気をつけてほしいのは、「普段からこまめに掃除をすること」です。見落としがちなリムなども、こまめに注意し掃除することで頑固な汚れが防止できます。また、男性には座って用を足すようにお願いしましょう。男性が立って用を足すことがなくなれば、床や壁への尿ハネも防止できます。

3-2.手入れの基本は?

トイレ掃除は面倒だと思いがちですが、たった3分でもキレイに掃除できます。トイレ用ブラシと中性洗剤を使い、汚れが軽いところから掃除しましょう。そして、トイレ用のウェットペーパー等で便器のフタ→便座の表→便器の外側を拭き上げてください。それぞれ掃除する際は、ウェットペーパーの面を新しい面に変えるのがポイントです。同じ面を使用すると、便座の菌が広がってしまうおそれがあります。

3-3.トイレタンクの臭いは重曹を活用する

トイレタンクに付着した汚れを取りのぞくには手間がかかります。そのため、タンク用の洗浄剤を入れるか、重曹を活用してください。粉タイプの重曹1カップを入れておけば、重曹の除菌・消臭効果が期待できます。ただし、タンク内を一度掃除しなければ重曹の効果が期待できません。タンク用洗浄剤を活用しキレイにしてから、重曹を月1回のペースで入れキレイな状態をキープしましょう。

3-4.消臭剤・芳香剤を使うポイントは?

掃除したのに臭いがなかなか消えない場合は、消臭剤・芳香剤を利用するのも方法の1つです。ただし、消臭剤・芳香剤は完全に臭いを消すわけではありません。あくまで臭いをごまかすだけなので注意してください。また、消臭剤は低い場所、芳香剤は高い場所に置くのがポイントです。嫌な臭いは空気より重いため、消臭剤は低い位置に置くほうが効果が高まります。

4.トイレの臭いに関してよくある質問

トイレの臭いに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.洗剤以外に効果が期待できるスプレーは?
A.クエン酸スプレーは、酸性の性質を持っているので「アルカリ性」の汚れに効果を発揮します。たとえば、水道水のカルキや石鹸カスなどです。風呂や洗面所の鏡、キッチンシンクに見られるウロコ状の汚れを落とすことができるので、サッとクエン酸スプレーを吹きかけてください。1本スプレーボトルを用意しておけば、トイレ以外にもさまざまな箇所の掃除で活躍します。また、重曹は消臭効果が期待できるため、小さな容器に粉のまま置いておくとトイレの消臭ができるでしょう。重曹自体は無臭なので、芳香剤の強い香りが苦手な方におすすめです。

Q.消臭スプレーの使い方のコツが知りたい
A.消臭スプレーは、便器の周辺だけでなく、天井面および天井から50cm付近の壁面に重点的にスプレーするのがポイントです。アンモニアは空気より軽く、天井付近に蓄積している場合があるため、使い方によって消臭効果が期待できるでしょう。また、消臭スプレーの選び方もポイントがあります。消臭スプレーは主に、「香り付きタイプ」「無香料タイプ」「万能タイプ」「携帯できるタイプ」の4種類です。それぞれの特徴と使い方を以下にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

  • 香り付きタイプ:消臭効果にあわせていい香りを楽しみたい方におすすめ
  • 無香料タイプ:置き型の芳香剤との併用に最適。香料独特の香りが苦手な方におすすめ
  • 万能タイプ:ウイルス除去もでき、掃除の手間を軽減できるのが万能タイプ。消臭効果を高めたい方におすすめ
  • 携帯できるタイプ:持ち運びが便利で、外出先で使い方におすすめ

Q.トイレの室内換気扇が機能していない場合の対処法は?
A.換気扇についているフィルターがホコリで詰まっている可能性があります。換気カバーやフィルターにホコリがついている場合は、一度、換気扇カバーをはずし洗い流しましょう。

Q.掃除しても臭いが取れない場合は?
A.排水管が原因で嫌な臭いが出てきている可能性があります。基本的に、便器に溜まっている水は排水管から上がってくる嫌な臭いを遮断する「封水」です。この水がなくなっている場合は、水を継ぎ足してみてください。それでも臭いが除去できない場合は、専門業者へ依頼し調べてもらいましょう。

Q.気軽に臭い除去できるアイテムは?
A.タンク上の手洗い器に洗浄剤を置いてください。洗浄剤はフチ裏に付着する汚れを防ぐ効果が期待できます。または、便器内につける「スタンプクリーナー」などを活用するといいでしょう。ホームセンターやドラッグストアでは、さまざまなアイテムが発売されているのでぜひ活用してください。

まとめ

いかがでしたか? トイレの臭いは、残った尿や便器にこびりついた尿石などに含まれている有機物が分解したときに発生するガスが原因です。臭いを発生させないためには、こまめな掃除が必要となります。そして、トイレの湿度と温度を上げないために「換気」を心がけましょう。