網戸を簡単に掃除する方法とは? しつこい汚れも落とす裏技も紹介!

「網戸をもっと簡単に掃除したい」「裏ワザはないの?」とお悩みの人は多いでしょう。網戸は大変汚れがつきやすい場所ですが、窓と比べて頻繁に掃除することはあまりないと思います。窓のように汚れが目立ちにくいこと、掃除に手間がかかることなどが理由でしょう。しかし、いざ掃除をしてみるとその汚れ具合に驚く人も多いはずです。実は汚れやすい網戸を、どうすれば簡単に掃除ができるのでしょうか。この記事では、網戸に付着する汚れの種類や簡単な掃除方法・網戸をきれいに保つポイントなどをご紹介します。

  1. 網戸の掃除について
  2. 網戸の簡単な掃除方法やアイデア
  3. 網戸をきれいに保つ方法
  4. 網戸の掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、網戸を掃除する頻度や掃除の裏ワザ・汚れを防止する方法などが詳しくわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.網戸の掃除について

まずは、網戸に付着する汚れの種類や網戸掃除のタイミングについてご紹介しましょう。

1-1.外側にも内側にもさまざまな汚れが付着している

屋外にも面している網戸は、外側にも内側にもさまざまな汚れが付着しています。たとえば、外側には砂ボコリや排気ガスの汚れ・花粉や黄砂、内側には調理による油汚れやタバコのヤニに加え、室内のホコリなども付着しているのです。その汚れは日々蓄積され、落ちにくくなってしまいます。そうなる前に、こまめな掃除が必要なのです。

1-2.1か月に1回は簡単な掃除を

網戸掃除の頻度については、1か月に1回は簡単な掃除をし、半年に1回は本格的な掃除をするのが理想です。本格的な掃除の時期としては、花粉シーズンと台風シーズンが過ぎた5月・9~10月ごろがよいでしょう。花粉や台風によって汚れた網戸を掃除することで、次のシーズンを気持ちよく迎えることができるはずです。

2.網戸の簡単な掃除方法やアイデア

網戸を簡単に掃除する方法について、必要な道具やコツ・注意点などをご紹介します。

2-1.網戸を外さないで簡単に掃除を

網戸を取り外して掃除をするのは大変な手間と時間がかかるため、簡単な掃除の場合は外さないまま取りかかりましょう。上部まで手が届くように台などがあれば、問題なく掃除ができるはずです。

2-2.用意する掃除道具と洗剤

網戸を取り外さずに掃除をする場合に、必要な掃除道具や洗剤は以下のとおりです。

  • メラニンスポンジ
  • 重曹水とスプレーボトル
  • 掃除機
  • 新聞紙
  • ぞうきん

2-3.掃除の手順

網戸を取り外さずに掃除する際の手順は、以下のとおりです。

  1. 網戸の内側と外側から、ノズルブラシをつけた掃除機でホコリを吸い取る
  2. 網戸下に新聞紙を敷き、内側から重曹水をスプレーする
  3. 10分ほど放置し、ぬらしたメラミンスポンジで汚れをこすり落とす
  4. 外側も同じように掃除する
  5. 仕上げにぞうきんで乾(から)拭きする

そのほかにも、ハンディーモップや網戸掃除専用ローラー・不要なストッキングの中に靴下を入れて丸めたもの使って網戸に付着した汚れをこすり落とす方法もあります。「メラニンスポンジや重曹が家にない」という場合は、試してみるとよいでしょう。

2-4.市販の専用スプレーで手軽に掃除も

「できるだけ手間をかけずに掃除したい」という場合は、市販の網戸掃除用スプレーを使用する方法もおすすめです。網戸汚れに効く成分が配合されているため、全体にスプレーするだけで簡単に汚れを落とすことができます。

2-5.強くこすりすぎないよう注意

汚れがひどい場合はつい網戸を強くこすりすぎてしまいがちですが、あまり力を入れると網戸が破れてしまいます。力を入れなくても汚れを落とすことができるように、重曹水をスプレーした後の放置時間を長くするなど工夫してみてください。

3.網戸をきれいに保つ方法

せっかくきれいに掃除した網戸も、またすぐに汚れてしまっては掃除が大変です。きれいな状態を保つポイント注意点をご紹介しましょう。

3-1.掃除機がけついでに網戸の掃除も

網戸の汚れは、時間がたつほど落ちにくくなります。いざ掃除しようとしても簡単に落とすことができなくなってしまうため、できるだけこまめに汚れを取り除いておくことが大切です。毎日部屋の掃除機がけをするついでに、簡単でよいので網戸の汚れも掃除機で吸い取っておきましょう。ホコリが取れやすいうちに、掃除機がけをすることを日課にしてください。

3-2.柔軟剤で汚れを防止

ホコリが網戸に絡まるのを防ぐために、静電気防止効果がある柔軟剤を使う方法がおすすめです。スプレーなどでぬらした網戸を、柔軟剤をしみこませたタオルで拭きましょう。きれいな状態をより長くキープできるはずです。

3‐3.網戸フィルターを使用する方法も

網戸フィルターを取り付けることでホコリの侵入を防ぐ方法もおすすめです。特に、幹線道路沿いのように車通りの多い場所にあるマンションなどは、排気ガスによるホコリが室内に入ってきやすいため、使用するとよいでしょう。また、花粉の侵入も防止できるため、花粉症の人にもおすすめです。

3-3.普段からあまり触らないよう注意

網戸にできるだけ余計な汚れをつけないように、普段からあまり触らないように注意して過ごしましょう。特に、小さな子どもやペットがいる家庭では、より気をつける必要があります。「汚れた手で触らない」「ペットを近づけない」など、網戸を汚さないよう心がけましょう。

4.網戸の掃除に関するよくある質問

「網戸の掃除について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.なぜストッキングで網戸の汚れを落とせるのですか?
A.網戸を上から下へとこすることで静電気が発生し、汚れが吸着します。ストッキングはぬらさず使用してください。

Q.網戸掃除をするのは晴れた日のほうがよいですか?
A.できれば曇りの日のほうがよいでしょう。晴れの日は乾燥しているため、網戸も乾燥して汚れが落ちにくくなるためです。

Q.網戸はどうやって外せばよいでしょうか?
A.持ち上げれば外せるタイプのものであれば、レールからずらすだけで外すことができます。固定されているタイプであれば、ドライバーを使ってネジを外す必要があるため、網戸の説明書を確認してください。

Q.網戸を外して掃除するにはどのように行えばよいですか?
A.外した網戸を床に置き、こすり洗いしてからホースで水をかけてよく流してください。最後に、しっかり乾燥させましょう。

Q.網戸掃除を業者に頼む場合、どこに依頼しても料金は同じですか?
A.業者によって差があるため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼することをおすすめします。その結果を比較して大体の相場を把握しましょう。

まとめ

いかがでしたか? 網戸を簡単に掃除する方法やきれいに保つポイントなどをまとめてご紹介しました。網戸は屋外と室内の空気が出入りする場所であるため、常に清潔な状態にしておきたいものです。しかし、非常に汚れやすい場所でもあるということを覚えておきましょう。ぜひこの記事を参考にして、網戸をきれいにするための方法を知ってください。