部屋のホコリをなくす方法は? 効果的な掃除方法も一挙公開!

「部屋にすぐホコリがたまってしまう」「部屋のホコリをなくす方法を知りたい」という人は多いでしょう。ホコリは生活していれば必ず出るものです。放置しておくとアレルギーの原因にもなるため、こまめに掃除をして取り除くだけでなく、ホコリをなくす方法を知っておくことをおすすめします。この記事では、部屋にホコリがたまる原因や効果的な掃除方法・ホコリを減らすポイントなどをご紹介しましょう。

  1. 部屋のホコリについて
  2. 部屋のホコリを掃除する方法
  3. 部屋のホコリをなくす方法
  4. 部屋のホコリに関するよくある質問

この記事を読むことで、なぜホコリがたまるのか、部屋のホコリをなくす方法がわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.部屋のホコリについて

まずは、ホコリの成分やたまりやすい場所・知っておくべき注意点をご紹介しましょう。

1-1.布や紙・人間の体から出るのがホコリ

ホコリのほとんどは、布製品や紙製品、そして、私たちの体から出ます。たとえば、布団や衣服から出る繊維クズ・人の体から出る毛髪や皮膚のかけら・フケやアカなどもホコリの成分になっているのです。もちろん、屋外から持ち込まれる砂ボコリや花粉・ダニなど、目に見えないものもホコリの原因になります。

1-2.部屋の隅や家具の裏にたまりやすい

家の中で特にホコリがたまりやすいのは、部屋の隅や家具の裏などです。人の動きによって舞い上がったホコリは、部屋の隅にたまっていきます。また、部屋の隅でも特にコンセント類が密集しているテレビ裏や、掃除がしにくい家具の裏などには、ホコリがたまりやすいでしょう。

1-3.ホコリはアレルギーの原因にもなる

ホコリは放置するとアレルギーの原因にもなるため注意が必要です。アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎・ぜん息・シックハウス症候群など、ホコリが原因で起こるアレルギー疾患はたくさんあるため、できるだけ取り除いて予防しなければなりません。

2.部屋のホコリを掃除する方法

部屋のホコリを掃除する方法や知っておくべきポイント・コツなどをまとめました。

2-1.用意するもの

ホコリを掃除する際には、以下のものを用意しましょう。

  • ぞうきん
  • ハンディーモップ
  • 柄つきのフロアーモップ
  • 掃除機

2-2.掃除方法は「モップがけ」「掃除機がけ」「拭き掃除」

ホコリを掃除するには、モップがけと掃除機がけ・拭き掃除といった方法があります。まず、家具などのモップがけをしてホコリを落とし、ホコリ用の洗剤をつけたぞうきんで拭き掃除をしておきましょう。次に、柄つきのフロアーモップなどを使って床のホコリも取り除き、掃除機をかけてホコリを吸い取ります。最後にぞうきんで水拭きをすると、完全にホコリを掃除することが可能です。布製品は定期的に水洗いをすることで、付着したホコリを洗い流しておきましょう。

2-3.掃除機の正しい使い方

最初に掃除機がけをすると排気によってホコリが舞い上がってしまうため、先にフロアーモップなどでホコリを取っておくことが大切です。1か所につき5~6秒かけて確実にホコリを吸い取りましょう。部屋の端や角・家具の周りなど掃除機をかけにくい部分には、ノズルを上手に活用する方法がおすすめです。

2-4.掃除の際は換気を忘れずに

ホコリの掃除をする際は、必ず窓を開けて換気するようにしてください。窓を開けて空気の流れを作っておくことで、舞い上がったホコリを屋外に追い出しましょう。

3.部屋のホコリをなくす方法

部屋のホコリを減らすためには、どうしたらよいのでしょうか。いくつかポイントや注意点をご紹介します。

3-1.基本はホコリの原因を断つこと

ホコリをなくすためには、ホコリが出る原因になるものをできるだけ断つことが必要です。部屋の中には、ホコリが出やすいものや掃除をしにくい場所がたくさんあります。そういった原因を少なくすることで、ホコリを減らすことができるのです。具体的にどうすればよいのか、一つ一つご紹介していきましょう。

3-2.衣類を減らす

衣類からはホコリがたくさん出るため、衣類自体を減らす努力をしましょう。普段ほとんど着ることがない洋服は処分し、残ったものはしっかりクローゼットにしまうようにしてください。衣類を出しっぱなしにしておくと掃除もしにくくなります。

3-3.布製品を減らす

寝具などの布製品も、ホコリの原因になります。不要なものはすべて処分して、ホコリの発生源を減らしましょう。減らすのが難しい場合は、こまめに洗濯をしてホコリを洗い流してください。枕や毛布などは、屋外でたたいてホコリを落とすだけでも効果的です。

3-4.床にものを置かない

ホコリはものに吸着しやすい性質があるため、できるだけものを置かないようにすることも大切です。特に、床にものを置いていると掃除もしにくくなります。できるだけ引き出しにしまうなどして、ホコリがたまりにくくしましょう。

3-5.家具の配置にも注意

家具の配置にも注意が必要です。たとえば、コード類が集中しやすいコンセントの前に、タンスなどの動かしにくい家具を置くのはやめたほうがよいでしょう。掃除したくても移動が難しいため、ホコリがたまりっぱなしになってしまいがちです。

3-6.柔軟剤で静電気を防止

ホコリは静電気によって付着しやすくなるため、柔軟剤を使った掃除方法がおすすめです。柔軟剤を入れた水にぞうきんを浸し、しっかり絞ってから家具などを拭き掃除しましょう。

3-7.屋外で干した洗濯ものは、払ってから家の中へ

屋外で長時間干した洗濯ものには、ホコリが付着している可能性があります。取り込む前にホコリを払ってから、家の中に入れるようにしましょう。家の中のホコリを増やさずに済みます。

4.部屋のホコリに関するよくある質問

「部屋のホコリをなくす方法を知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.部屋のホコリを掃除するのは、いつがベストですか?
A.ホコリは人の動きによって舞い上がるため、掃除するのは人の動きが少ない時間帯を選ぶとよいでしょう。起床後すぐか、外出先から帰宅した直後がベストタイミングです。

Q.衣類を減らしたいのですが、断捨離がうまくできません。捨てる基準を教えてください。
A.1年以上着ていない服や流行遅れの服、サイズが合わなくなった服などは、もう着ることがないでしょう。また、「思い出の服だから」という理由だけで捨てられない服は、思いきって処分することをおすすめします。

Q.空気清浄機にはホコリを取り除く効果があるのでしょうか?
A.あります。ただし、「空気清浄機を回しておけばホコリがたまらない」というわけではないため、掃除と併用して使用するとよいでしょう。

Q.掃除をする際の部屋の換気は、どのように行えばよいですか?
A.2か所以上の窓を開けて空気の出入り口を作りましょう。また、換気扇を回してホコリを強制的に屋外に追い出す方法もおすすめです。

Q.柔軟剤を使うとなぜホコリが付着しにくくなるのでしょうか?
A.柔軟剤には繊維同士の滑りをよくするだけでなく、静電気を防止してホコリの吸着を抑える作用があるためです。

まとめ

いかがでしたか? ホコリを掃除する方法や部屋のホコリをなくす方法などを詳しくご紹介しました。部屋で発生するホコリを減らすことができれば、毎日の掃除も楽になるはずです。アレルギーなど健康被害の心配も少なくなるため、ぜひこの記事を参考にしてホコリの対処法や対策を実践してみてください。