キッチンの換気扇掃除のコツとは!? 油汚れを簡単に落とす方法&汚れ予防策

キッチンの換気扇には、想像以上に汚れがたまってしまっています。キッチンの換気扇に付いた油汚れを放置しておくと、ファンの回転・吸引効率が悪くなり電気代がかさみ、雑菌が繁殖・浮遊して食中毒などのおそれもあるのです。しかし、換気扇を一度も掃除したことがない・面倒でしばらく掃除していないという方も多いでしょう。そこで今回は、換気扇掃除のポイントや効率的な方法をご紹介します。

  1. キッチンの換気扇の汚れと掃除
  2. キッチンの換気扇の掃除方法について
  3. キッチンの換気扇汚れを予防する方法とは?
  4. キッチンの換気扇掃除についてよくある質問

キッチンの換気扇の掃除方法を知りたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.キッチンの換気扇の汚れと掃除

まずは、キッチンの換気扇について基本的な内容を見ていきましょう。

1-1.キッチンの換気扇について

最近のキッチンの換気扇は、レンジフードと呼ばれる形が一般的です。レンジフードとは、ガス台全体におおいかぶさるような形の換気扇をいいます。内部には、「シロッコファン」と呼ばれるファンが入っていて、これは少ない風量ながら、空気を送り出す力が大きいファンです。
壁に取り付けられているプロペラタイプのファンは、そのまま「プロペラファン」といいます。プロペラを回すことによって、屋内の空気を屋外に直接空気を送り出す構造です。
プロペラファンは、レンジフードに取り付けることも可能になっています。

1-2.換気扇には油汚れがいっぱい

換気扇は、調理中の空気を浮遊した油ごと吸い取るため、日々油汚れが蓄積されていきます。触るとベタベタ汚れが特徴です。油汚れを放置しておくと、臭いや変色の原因にもなってしまいます。また、前述のとおり、雑菌が繁殖・浮遊して食中毒の原因になることもあるのです。

1-3.換気扇の掃除の頻度

換気扇の油汚れは、こまめに掃除することで1回あたりの掃除が楽になります。年に3~4回は掃除したいところです。お掃除不要タイプの換気扇でも、このくらいの頻度で掃除したほうがよいでしょう。また、使用環境により換気扇の汚れがひどい場合は、汚れが気になったらすぐに掃除するのがおすすめです。

2.キッチンの換気扇の掃除方法について

次に、キッチンの換気扇の掃除方法を具体的にご紹介します。

2-1.用意するもの

換気扇の掃除には以下のものを使います。アルカリ系洗剤はどれか一つあればOKです。

  • アルカリ系洗剤(油汚れ用洗剤・重曹・セスキ炭酸ソーダなど)
  • 古歯ブラシ
  • ふきん類
  • 大きなビニール袋(つけおき用)※50℃前後のお湯をためておく
  • ゴム手袋・メガネ・マスク
  • 新聞紙(汚れたものを退避する用)
  • 換気扇の取扱説明書(パーツを外す手順)

2-2.キッチンの換気扇掃除方法

キッチンの換気扇の掃除方法をご紹介します。

2-2-1.不要なものを片付ける

換気扇掃除の前に、食器や三角コーナーなど、台所に出ているものを片付けます。ぶつかって壊れたり、汚れが付いてしまったりするのを防ぐためです。また、汚れたものを一時退避するため、新聞紙をしいておくと後々便利でしょう。

2-2-2.換気扇の電源を切る

掃除中にうっかり換気扇のスイッチを入れてしまうと、ファンが回転してけがのもとになります。換気扇の電源は切っておきましょう。誤作動防止機能が付いている換気扇やレンジフードの場合はなにもしなくてOKです。取扱説明書を確認してみてください。

2-2-3.パーツを外し洗浄する

レンジフードのふたをあけ、ファンなど取り外せるパーツはすべて取り外します。ファンは、つけおきするか、洗剤もしくは重曹などをかけておきましょう。つけおき時間は30分~2時間程度です。
つけおき:大きなビニール袋にいれたぬるま湯に対し、2~3カップの重曹もしくはセスキ炭酸ソーダを溶かします。

2-2-4.フード内などの掃除

換気扇を取り外したあとのフード内を掃除します。油汚れ用洗剤か、重曹(またわセスキ)を溶かしたスプレーを布にかけて、拭き取り掃除を行いましょう。目の高さより上には、直接スプレーしないでください。布はこまめに交換し、常にきれいな面で掃除しましょう。汚れた面を使い続けると、汚れが取れないばかりか、きれいな面にも汚れを移してしまうことになります。

2-2-5.ファンなどをこすり洗いする

ファンの汚れが浮いてきたら、歯ブラシでこすり落とします。ある程度汚れが取れたらぬるま湯でゆすいでください。汚れが落ち切っていない場合は、再度洗剤を塗布します。

2-2-6.乾燥させてからもとに戻す

つけおきしておいたファンの水分を軽く拭き取ったら、しばらく乾燥させます。乾いたことが確認できたら、換気扇をもとに戻し試運転してください。問題がなければ完了です。異音がある場合は、きちんとセットされているか再度確認してください。

2-3.換気扇の掃除をプロに任せる?

換気扇の汚れがひどい場合や、自分では掃除できない場合は、プロに依頼するという方法もあります。換気扇だけでなくキッチン周りの掃除も併せて依頼すれば、大掃除などの手間が一気に省略できるでしょう。汚れがひどい換気扇掃除を自分ですると、2時間以上かかってしまいます。自分で掃除する際の手間と、プロに依頼した際の料金・効率を総合的に検討してみるとよいでしょう。

3.キッチンの換気扇汚れを予防する方法とは?

次に、キッチンの換気扇汚れを予防する方法などについてご紹介します。

3-1.換気扇の日々のお手入れ

キッチン周りをなるべくきれいにしておくことによって、換気扇が吸う油の量を減らすことができます。キッチン周辺の簡単な掃除は、できれば毎日行いましょう。調理後に台所をきれいに掃除する習慣を付けることで、結果的に換気扇が汚れにくくなります。

3-2.油料理をしない

あげものやてんぷら料理などは、換気扇に大量の油が付いてしまいます。あげもの類は自宅では作らず外食に頼ると、換気扇をきれいに保てるでしょう。油ものの摂取量も控えられて健康的にも一石二鳥です。あるいは、三か月に一回は家であげものを作る日とし、調理後に換気扇を掃除する習慣を作ってもよいでしょう。

3-3.フィルターなどグッズを使う

換気扇用の別売りフィルターを使うという方法もあります。1~2週間に1度交代すれば、換気扇がきれいなまま保てるでしょう。ただし、フィルターを使っても換気扇は汚れるので、定期的な掃除は忘れないようにしてください。

4.キッチンの換気扇掃除についてよくある質問

Q.水で洗ったら油分が固まってしまったのですが
A.油は水分に反応し、固形化してしまうことがあります。換気扇の掃除には、ぬるま湯を使用してください。固化した油は、ぬるま湯&アルカリ洗剤で落とすことができます。

Q.換気扇のネジがはずれません
A.油で固くなってしまった換気扇のネジは、ドライヤーの風を当てたり、お湯にぬらしたタオルで包むことで、油がゆるんで回しやすくなります。やけどには注意してください。

Q.重曹ペーストやつけおきの使い分けは?
A.取り外せるパーツはつけおきがおすすめです。重曹水につけることによってまんべんなく汚れを浮かすことができます。一方、取り外せない箇所の汚れには重曹ペーストがおすすめです。重曹と水を3:1の割合で混ぜ、固めのペーストを作ります。ペーストは壁や天部分など、洗剤が定着しにくい場所に便利です。指で塗布して30分程度放置すれば、汚れが浮いてきます。水拭きやクエン酸水で拭き取りましょう。
つけおき水は、重曹・セスキどちらでもよいですが、ペーストは重曹を使用してください。セスキは水に溶けやすくペースト状になりにくい性質があります。

Q.換気扇内の掃除のポイントは?
A.なるべくきれいな面から掃除すると効率的です。また、ホコリ汚れが多い場合は上から順番に掃除していきましょう。同じ場所を二度掃除しないで済むような順番が理想的です。

Q.換気扇の掃除に向いている時期は?
A.換気扇の掃除は、なるべく暖かい日に行うのがおすすめです。真冬は寒くて油汚れが浮きにくくなります。年に3回掃除するなら3月・7月・10月、4回なら3月・6月・9月・11月などがおすすめです。もちろん都合のいい月で結構ですが、なるべく気温の暖かい日をねらいましょう。

まとめ

キッチンの換気扇掃除についてご紹介しました。キッチンの油汚れは、放置すると掃除が大変です。しかし、こまめに行うことによって、つけおき時間が減り、こすり落とす手間などが省けて、総合的に楽になります。換気扇をきれいに保つことで、電気代の節約にもつながるでしょう。どうしても換気扇の汚れが落ちない場合や、忙しくて掃除が難しい場合は、プロを頼ってみてください。