台所の換気扇掃除でお悩みの方! 簡単にキレイになるコツを教えます!

「台所の換気扇を掃除したいが、簡単に効率よく行う方法はないか」とお考えではないでしょうか。台所の換気扇には、ベトベトした汚れがこびりついており、掃除するのが大変ですよね。しかし、汚れたままで放置するのは、衛生的にも不安が残ります。実は、台所の換気扇も、コツをつかめば簡単かつキレイに汚れを落とすことができるのです。

そこで今回は、台所の換気扇を掃除について詳しく解説しましょう。

  1. 台所の換気扇が汚れる理由は?
  2. 台所の換気扇を掃除するタイミングや頻度
  3. 台所の換気扇掃除に役立つアイテム
  4. 台所の換気扇を掃除する前の準備
  5. 台所の換気扇を掃除する方法
  6. 台所の換気扇掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、台所の換気扇掃除のコツが分かり簡単に掃除できます。まずは、記事を読んでみてください。

1.台所の換気扇が汚れる理由は?

最初に、台所の換気扇が汚れる理由を見ていきましょう。

1-1.油汚れ

台所では、大量の油汚れが発生します。特に、炒(いた)めものや揚げものをすると、調理油の粒子が空気と混ざって換気扇に吸い込まれ、油汚れとして付着するのです。付着したばかりの油汚れは、軽く拭くだけで落とすことができます。しかし、放置すると固まって落としづらくなるのです。

1-2.ホコリ

換気扇には、空気中のホコリが積もります。特に、フィルター部分には大量のホコリがたまるため、きちんと掃除しましょう。さらに、油汚れの上にホコリがたまると、しつこい汚れとなります。ホコリは雑菌や害虫が繁殖する原因にもなるため、こまめに掃除することが必要です。

2.台所の換気扇を掃除するタイミングや頻度

台所の換気扇を掃除するタイミングや適切な頻度について解説します。

2-1.夏前

夏前は、気温が高く換気扇の汚れがゆるんでいて掃除しやすい時期になります。夏場の台所は、高温による熱中症が心配です。夏前に換気扇を掃除しておき、万全な状態にしておくことも熱中症対策になります。また、虫や雑菌の繁殖予防のためにも、夏前の掃除が効果的です。

2-2.年末

年末の大掃除の際に、台所の換気扇も掃除しましょう。ほかの部分を掃除しているときに、つけ置きを併用すれば、効率よく作業が進みます。気温が低くて汚れがよく落ちないときは、お湯を使ったりドライヤーで温めたりするのもおすすめです。熱により汚れがゆるんで、落としやすくなります。

2-3.1年に2~3回程度の頻度がおすすめ

台所の換気扇掃除を掃除する頻度は、1年に2~3回程度がいいでしょう。夏前と年末に掃除する以外にも、汚れが気になるときに掃除することをおすすめします。さらに普段から簡単に掃除しておけば、大がかりな掃除にならずに済むでしょう。

3.台所の換気扇掃除に役立つアイテム

台所の換気扇掃除に必要なものや役立つアイテムをご紹介しましょう。

3-1.換気扇掃除に必要な洗剤や道具を用意しよう

台所の換気扇掃除には、以下のような道具を用意してください。

  • 台所用中性洗剤
  • 重曹・セスキ炭酸ソーダ
  • つけ置き用の容器(たらいなど)
  • キッチンペーパー
  • ぞうきん・ウエス(古布)
  • 古歯ブラシ
  • ラップ
  • 新聞紙
  • ゴミ袋
  • マスク
  • ゴム手袋
  • 汚れてもいい服装

3-2.使い捨てできるものが便利

換気扇掃除では、使い捨てできる道具が重宝します。換気扇の汚れは、ベタベタとしてしつこく、掃除道具についた汚れを落とすのも大変です。使い捨てタイプの掃除道具なら、汚れたまま捨てることができます。キッチンぺーパー・ウエス・新聞紙など、多めに用意しておくと便利です。

4.台所の換気扇を掃除する前の準備

台所の換気扇掃除の前に準備しておくべきことを解説します。換気扇のタイプ別の外し方も確認しておきましょう。

4-1.換気扇を外す準備をする

換気扇を外す前に、以下の準備をしてください。

  • コンセントから電源プラグを抜く
  • 汚したくない場所を新聞紙やなどで保護する
  • 足場を用意する
  • 汚れてもいい服装に着替え、マスク・ゴム手袋をはめる

4-2.シロッコファンタイプの外し方

シロッコファンタイプの換気扇は、以下の方法を参考に外してください。

  1. 整流板のネジをゆるめて外す
  2. フィルターを外す
  3. ベルマウスのネジをゆるめて外す
  4. シロッコファンの中心にあるネジを回して取り外す

4-3.プロペラファンタイプの外し方

プロペラファンタイプの換気扇は、以下のような手順で外してください。

  1. プロペラを押さえながら中央のネジを回して外す
  2. プロペラを取り外す
  3. 換気扇カバーを軽く持ち上げるようにして外す

5.台所の換気扇を掃除する方法

台所の換気扇を掃除する方法を、主なパーツ別に解説します。

5-1.換気扇本体

換気扇本体は、スポンジを水にぬらして絞り、中性洗剤をつけて軽くこすり洗いしましょう。しつこい汚れには、重曹ペースト(重曹100gに水を少量ずつ加えて練ったもの)を塗って上からラップし、20分程度置いてから除去するとキレイになります。汚れが落ちたら、水拭きして洗剤成分を落とし、から拭きで仕上げてください。

5-2.シロッコファン

シロッコファンのしつこい汚れには、つけ置きがおすすめです。つけ置き用の容器に40~45℃程度のお湯を張り、お湯1Lに対し重曹100gまたはセスキ炭酸ソーダ小さじ1杯を入れてよく混ぜ、1時間程度つけ置きしておきましょう。細かな部分に入り込んだ汚れは、古歯ブラシでこすって落としてください。汚れが落ちたら水でよくすすぎ、完全に乾かしましょう。

5-3.プロペラ部分

プロペラ部分は、スポンジに台所用中性洗剤をつけてこすると汚れが落ちます。細かな部分は、古歯ブラシを使うと便利です。しつこい汚れには台所用中性洗剤をつけ、水を含ませたキッチンペーパーを上から貼りつけてラップをし、20分程度放置してからこすってみてください。汚れがゆるんですんなり落とすことができます。なお、ひどい汚れには5-1を参考に、1~2時間程度つけ置きするといいでしょう。

5-4.整流板・フィルター

整流板やフィルターの掃除方法や手順は、以下を参考にしてください。シンクの中に置きづらい場合やほかの作業でシンクを使う場合は、たらいなどの容器で代用しましょう。

  1. 整流板やフィルターの汚れた面を上にして、シンクの中に置く
  2. 台所用中性洗剤を汚れに吹きつける
  3. 20~30分程度放置する
  4. 汚れをスポンジでこすって落とし、水洗いする
  5. よく乾かして完了

6.台所の換気扇掃除に関するよくある質問

最後に、台所の換気扇掃除に関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.換気扇を掃除したら異音がするのですが?
A.分解して掃除した場合、取りつけ方法が間違っている場合があります。また、ネジがゆるんでいて不完全になっている可能性もあるため、再度分解して取りつけてみてください。作業するときは、電源プラグをコンセントから外すことも忘れないようにしましょう。

Q.セルフクリーニング機能がついていれば掃除しなくていい?
A.頻繁には掃除しなくてもいいでしょう。しかし、セルフクリーニング機能だけでは対応しきれない汚れもあります。また、フィルター以外の部分は掃除が必要です。

Q.台所の換気扇掃除におすすめの時間帯は?
A.午前中です。午前中から掃除を始めると、昼すぎには作業が完了するため、夕食の準備に取りかかることができます。また、日中で明るいので作業がはかどることでしょう。

Q.換気扇の汚れ予防におすすめのグッズは?
A.換気扇カバーやプロペラ用シートなどを使用すると、カバーやシートを取り換えるだけで掃除が完了するので楽です。ただし、サイズが合わないと意味がないので、購入時はきちんとチェックしましょう。

Q.高齢者世帯で台所の換気扇掃除がつらいのですが?
A.ハウスクリーニング業者に掃除を依頼する方法もあります。換気扇だけの場合は、1回8,000~10,000円程度・キッチン全体では12,000~20,000円程度で依頼可能です。まずは、業者に見積もりを依頼して検討するといいでしょう。

まとめ

今回は、台所の換気扇掃除について詳しく解説しました。台所の換気扇は、想像以上に汚れています。汚れを放置すると、十分に換気できなくなったり不具合や故障の原因になったりするので注意しましょう。また、汚れが調理中に垂れたり汚れに小さな虫が張りついたりして、大変不潔です。まずは、この記事を参考に台所の換気扇を掃除してみてください。なお、普段からこまめに掃除をする・フタを活用して調理するなどにより、常にキレイな状態を保つことができるので、試してみるといいでしょう。