トイレ掃除の重曹&クエン酸の使い方は? お手軽&きれいに保つコツも

毎日使うトイレは、できるだけきれいにしておきたいものですよね。しかし、どうしてもトイレ掃除が面倒だったり、効率的な掃除方法がわからなかったりして、汚れやにおいを放置してしまっている方も少なくないでしょう。実は、トイレ掃除には、重曹を使うと効果的なことをご存じですか? 今回は、トイレ掃除における重曹の使い方・効果などをご紹介します。

  1. トイレ掃除には重曹を使おう
  2. 場所別! トイレ掃除の重曹の使い方
  3. トイレ掃除のポイントとコツ
  4. トイレ掃除についてよくある質問

重曹とクエン酸との使い合わせ方もご紹介するので、トイレをきれいにしたい方はぜひ参考にしてみてください。

1.トイレ掃除には重曹を使おう

まずは、トイレ掃除における重曹の効果などをご紹介します。

1-1.重曹の効果について

重曹は、粉末のまま振り掛けたり・水に溶かしてスプレーしたりすることで、トイレのさまざまな汚れに対応できます。トイレの黒ズミ・カビ・ぬめり・黄ばみなどの掃除に、高い効果を発揮するでしょう。

1-2.なぜトイレ掃除に重曹が効くの?

重曹は弱アルカリ性の性質を持っており、酸性汚れに強いという特徴があります。上記の黒ずみなどの汚れ落としはもちろんのこと、粉末のまま置いておくだけで消臭効果もあるのです。
一方、尿石や水アカなどのアルカリ質の汚れには、酸性であるクエン酸が効きます。重曹とクエン酸は併用して使ってもOKなので、トイレ用に1セットそろえておくと便利でしょう。

2.場所別! トイレ掃除の重曹の使い方

トイレの場所別に重曹の使い方をご紹介します。

2-1.便器の掃除

便器部分には、重曹を粉末のまま振り掛けるか、重曹水(水200ccに重曹小さじ1くらい)をスプレーしましょう。汚れがひどい箇所は、先にクエン酸を振り掛けて置き、重曹水スプレーをふきかければ、発泡して汚れが浮いてきます。そのままブラシなどで軽くこすって洗い流してください。

2-2.床や壁の掃除

トイレの壁や床、便座の表面(外側)などは、重曹スプレーを使用します。ふきんなどに重曹スプレーをふきかけてから拭き取りましょう。トイレットペーパーホルダーやドアノブなど、手あかが気になる部分にも重曹掃除は効果的です。

2-3.タンクの掃除

タンクは、カビ汚れが気になる方が多いでしょう。カップ1杯分くらいの重曹を粉末のままタンク内に入れ、数時間(できれば6時間くらい)放置し、そのまま水を流します。夜寝る前がおすすめです。月に1度の重曹漬け置き掃除で、タンク内を清潔に保てるでしょう。

2-4.トイレの消臭

重曹は、粉末のまま使うと消臭剤として役立ちます。ビンなどに入れて置いておきましょう。1か月程度効果が続きます。香りを付けたい場合は、アロマオイルを数滴たらしてもよいでしょう。消臭効果が切れた重曹は、そのまま掃除に使用してOKです。

3.トイレ掃除のポイントとコツ

次に、トイレ掃除のポイントとコツをご紹介します。

3-1.拭き掃除は使い捨て用品で

トイレ掃除をしたあとの雑巾やふきんは、使い回したくないと感じる方も多いでしょう。そのため、ふきん類は使い捨てにすることをおすすめします。わざわざ洗う必要がなくなり楽な上に衛生的です。100均ショップなどには、重曹を含んだトイレ用のウェットシートも発売されています。掃除後にそのままトイレに流せるので便利でしょう。

3-2.気づいたら掃除する

トイレ掃除は、毎日、もしくは気付いたらこまめに掃除することが大切です。汚れが定着しないうちに掃除することで簡単に落とすことができます。トイレを使用するたびに、手が届くところをトイレットペーパーで軽く拭き取ったり、就寝前のトイレ掃除を習慣にしたりしましょう。そうすれば、トイレをきれいなまま使えます。また、トイレを汚してしまったときも、すぐに掃除すれば汚れが落ちやすくて楽でしょう。

3-3.トイレが汚れるのを防ぐ

トイレが汚れるのをあらかじめ防ぐようにすれば、トイレ掃除は一段と楽になります。たとえば、トイレを使用したあと、重曹スプレーを便器にふきかければ、黒ずみ汚れを予防することが可能です。トイレ専用の重曹スプレーを用意しておくとよいでしょう。

4.トイレ掃除についてよくある質問

トイレ掃除について、よくある質問にお答えします。

Q.トイレ掃除を楽にするコツは?
A.トイレ内に洗剤(重曹水)・ふきんなどをセットで用意しておき、掃除が簡単に始められるようにしましょう。また、トイレ内には不要なものを置かないようにしてください。ものがあると邪魔になってとても掃除がしにくくなってしまいます。

Q.重曹はトイレのアンモニア臭に効く?
A.上記のとおり、重曹を粉末のまま置いておくことで消臭効果があります。しかし、アンモニア臭にはクエン酸のほうが効果が高いのです。重曹水スプレーと同じ要領でクエン酸水スプレーを使って拭き掃除をすることで、アンモニア臭が取れるでしょう。

Q.汚れがひどく、どうしてもトイレ掃除をしたくないのですが
A.自分で掃除が無理という場合は、プロに依頼するという方法もあります。料金はかかりますが、プロによる完璧な清掃でトイレをピカピカに磨き上げることが可能です。重曹や市販の洗剤で落ちない汚れを落としてくれるでしょう。

Q.プロによるトイレ掃除料金はどのくらいですか?
A.プロによるトイレ掃除費用は、作業時間1時間くらいで、1万円前後が目安でしょう。サービス内容は業者によって異なりますが、便器・便座のほか、天井・壁面・照明・床・扉・窓・換気扇カバー・戸棚扉なども掃除してもらえることもあります。

Q.どうしてもトイレのにおいが消えないのですが
A.どれだけ掃除をしてもトイレがにおう場合は、便器に雑菌が繁殖している・トイレの壁紙クロスににおいがしみこんでいるなどの可能性があります。場合によっては、リフォームが必要なこともあるでしょう。もしくは、プロの掃除業者によって完璧に掃除してもらうことで、においの原因が消える場合もあります。

まとめ

トイレ掃除や重曹の使い方をご紹介しました。重曹は優しい成分、毎日の掃除に向いています。また、重曹とクエン酸が1セットあれば、トイレのたいていの汚れは掃除できるためとても便利です。しかし、どうしても汚れやにおいが落ちない場合は一度プロに依頼するという手もあるでしょう。トイレがピカピカになれば、毎日の暮らしが快適なものになるはずです。