片付けのルールを解説!! 場所別片付け実践方法も紹介!

片付けが苦手で悩んでいる、という人は多いと思います。片付け術や整理術の本はたくさんでていますが、それを参考にしてもうまくいかないという人もいるでしょう。片付けにはルールがあります。ルールに沿って片付けを行えば、「せっかく片付けたのに、すぐに散らかってしまう」ということもなくなるでしょう。
今回は、片付けのルールを解説します。

  1. 片付けのルールについて
  2. 実践!! 場所別片付け方
  3. 定期的に見直しがおすすめのものについて
  4. 片付けのルールに関するよくある質問

この記事を読めば、片付けを効率よく行う方法やコツも分かるでしょう。片付けが苦手で悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.片付けのルールについて

はじめに、片付けの基本的なルールを解説します。

1-1.ものを減らす

家の収納スペースには限りがあります。収納スペース以上のものを収納することはできず、ものが増えれば管理も大変になるでしょう。ですから、片付ける前に不要になったものを処分することが大切です。

1-2.使うものは使う場所に収納する

たとえば、キッチンで使うものをリビングに収納すれば、使いにくくなります。使うものは使う場所にしまうことが、片付けのルールです。ただし、使う季節が限られているものならば、使わない時期にほかの場所に収納してもかまいません。

1-3.ジャンルごとに分けて収納する

同じ場所で使うものでも、ジャンル違いのものはたくさんあります。たとえば、リビングでは文房具や本・雑誌・おもちゃなどを使うことがあるでしょう。これらを乱雑に収納すれば、どこに何があるかすぐに分からなくなってしまいます。ものは、ジャンルごとに収納しましょう。

1-4.もののしまい場所は変えない

もののしまい場所は、一度決めたら動かさないことが大切です。もののしまい場所がしっかりと決まっていれば、誰が片付けてもキレイに片付くでしょう。また、「あれはどこにしまったっけ?」と探し回ることもなくなります。

1-5.使ったら片付けるを徹底する

よく使うものをテーブルなどに出しっぱなしにしておくと、すぐに部屋が散らかってしまいます。使ったら片付けることを徹底しましょう。「いちいちしまうのは面倒くさい」という場合は、カゴなどを利用した仮置き場を決め、そこだけに置くようにしてください。また、1日の終わりに仮置き場もキレイに片付けましょう。

2.実践!! 場所別片付け方

この項では、場所別に片付け方のコツやルールを紹介します。

2-1.キッチン

キッチンは、スペースの割にものが多いのが特徴です。ここでは、主なキッチンアイテムの収納ルールを解説します。

2-1-1.調理器具

調理器具は基本的に作業台やシンク・ガス台付近に収納しましょう。よく使うフライパンや鍋はガス台の下、菜ばしや木べらなどは、作業台付近にまとめておくといいですね。軽いものは上、重いものは下にしまいましょう。

2-1-2.食器類

食器類は、食器棚にしまいましょう。背が高い食器棚の場合、よく使う食器は胸から目線の高さまでの場所に収納すると取り出しやすくなります。はし・スプーン・フォークなども食器棚へジャンル別に収納しておくといいですね。仕切りがないという場合は、小さなカゴなどを利用してください。食器は増えやすいので、定期的に不要なものを処分することも必要です。

2-1-3.調味料類

常温で保存できる調味料類はガス台・作業台付近に置いておきましょう。ストックは、納戸などに入れてもいいですが、数を把握できるようにしておくことが大切です。容器を移し替える場合は、ラベリングしておくといいでしょう。

2-2.リビング

リビングは家族が集まる場所なので、それぞれの私物が置きっぱなしになりがちです。そこで、家族の人数分カゴなどを用意し、そこに私物を入れてもらいましょう。それ以上の私物はリビングに置かないなどルールを作ってください。また、部屋を広く見せたいならば、収納家具をむやみに増やさないことです。隙間家具などは魅力的ですが、どうしても収納場所が足りなくなったときだけおきましょう。

2-3.寝室

寝室は、ベッドの上に何も置かないことを徹底しましょう。ベッドの上にものを置き出すと、収拾がつかなくなります。服はクローゼットに収納するか、カゴなどの中に入れて散らからないようにしましょう。本や文房具はサイドテーブルに収納しておくのがおすすめです。

2-4.子ども部屋

子どもは、複雑な片付けは苦手です。引き出しの中にしまうだけ、カゴの中に入れるだけといった片付けができるようにしましょう。また、子どものおもちゃは増えがちなので、定期的にいらないおもちゃを分別し、処分してください。

2-5.押し入れ・クローゼットなど

押し入れやクローゼットなど大きな収納スペースは、中でものが行方不明になりがちです。プラスチックの衣装ケースなどを入れ、洋服ごとに分類できるようにしましょう。キャスター付きワゴンなども便利です。家族の衣類を1か所に収納している場合は、どこに誰の洋服が入っているか、ラベリングしておきましょう。
なお、クローゼットや押し入れの上段は、使う季節が限られているものを収納しておく場所としても便利です。また、広い収納スペースは3割くらいのあきを作っておくと、ものが増えても部屋が散らかることはありません。

2-6.玄関など

玄関は、使う靴以外はシューズボックスにしまっておきましょう。スポーツの道具がたくさんあって玄関に散らばっている場合は、シューズボックスを靴以外のものも一緒に収納できる収納ボックスに交換するのもひとつの方法です。そうすれば、靴とアウトドアの用具を一緒に収納できるでしょう。
バーベキューやキャンプ用具など、室内に片付けにくいものが玄関を占領している場合は、トランクルームを利用したり、ベランダに簡易物置などを置いてその中にしまったりしましょう。

3.定期的に見直しがおすすめのものについて

以下のようなものは、気がつくと増えてしまいがちなので定期的に見直してリサイクルショップに持ちこんだり、処分したりしましょう。

  • おもちゃ
  • 洋服
  • 食器

これらのものは、発売日から日が浅いものほど買い手がつきやすいものです。不要になったら「とりあえずしまっておく」のではなく、すぐに処分方法を決めましょう。また、本は電子書籍にすれば場所を取りません。

4.片付けのルールに関するよくある質問

この項では、片付けのルールに関するよくある質問を紹介します。

Q.どうしても、床にものが置きっぱなしになってしまうので、直し方を知りたいです。
A.一時置き場を作り、そこにものを置くように徹底しましょう。また、家族が何度言っても床にものを置くようならば、置いたものは即処分するくらいのことをやってもいいでしょう。

Q.収納場所が狭い場合は、どうしたらいいですか?
A.家族の人数と収納スペースの広さが合っていない場合、引っ越しも視野に入れましょう。また、ものを増やしがちな場合は、トランクルームを借りてみるのも1つの方法です。ものを収納するのにお金がかかることが分かれば、処分することに決心がつくかもしれません。

Q.まだ、字が読めない子どもに片付けを教える場合、何か工夫はありますか?
A.片付ける場所に、収納するものの絵のシールを貼り、片付け場所を教えましょう。遊んだあとはお片付けを徹底することも大切です。

Q.まだ使えるものを捨てる決心がつきません
A.今までたくさん使ったのならば、元はとったと思いましょう。また、状態がよいものはリサイクルショップやフリーマーケットで売却できることもあります。

Q.ものをキレイに収納するのですが、いくらもしないうち収納が面倒になるのです。
A.ものをしまう際、プロセスが多いほど面倒になります。片付けが苦手な人は、ふたを開け閉めするだけ、カゴにいれるだけというように、少ないプロセスで片付けられる方法にしましょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は、片付けのルールや実践方法を紹介しました。ものは、大量になるほど管理も大変です。何度片付けても散らかるという場合は、まずものを減らすことから始めましょう。