カーテンのクリーニング&掃除方法は? 普段のお手入れ方法もご紹介

部屋の印象が大きく変わる「カーテン」が汚れていると、気分が落ち、気になって仕方がないですよね。ほかの洗濯物とは違い、カーテンは頻繁に洗うものではないので洗い方に頭を抱えている方が多いのではないでしょうか。誤った方法で洗ってしまうと、二度と使えない状態になってしまいます。また、そのまま汚れを放置すると、ハウスダスト・ホコリが室内にまってしまうので掃除が必要です。本記事では、そんなカーテンのクリーニング・掃除方法を解説します。

  1. カーテンはクリーニングに出すべきか?
  2. カーテンをクリーニングに出す方法は?
  3. カーテンの掃除~家で洗濯する方法
  4. カーテンの掃除~普段のお手入れは?
  5. カーテンのクリーニング・掃除に関してよくある質問

この記事を読むことで、カーテンの汚れを取りのぞく方法とポイントが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.カーテンはクリーニングに出すべきか?

目立つ汚れが付着することが少ないので気づきにくいですが、カーテンは意外と汚れているものです。では、どんな汚れが付いているのでしょうか。

1-1.カーテン汚れの種類、原因は?

常に、部屋の窓につり下げられているカーテンは、室内と室外からの汚れがたくさん付着しています。特に、室内のハウスダスト・ペットの毛・ホコリ・キッチンから漂う油汚れやニオイなどで汚れやすいのです。また、窓を開けたときに、外からの排気ガスなどもカーテンが汚れる原因となります。化学繊維でできているカーテンは静電気が起こりやすい特徴があるため、さまざまな汚れを吸着しやすいでしょう。

1-2.クリーニングの必要性は?

ホコリなどが付着したカーテンを通して、外から風が入ってきます。つまり、カーテンが汚れているほど、室内にいる私たちはホコリがたくさん漂っている空気を吸い込んでいるというわけです。汚れを放置すると、ハウスダストによるアレルギーが起きる可能性も高まり、健康被害を起こします。特に、レースカーテンは、クリーニングの必要性があるでしょう。また、カーテンをキレイにすることで、室内が明るくなります。

1-3.カーテンは自宅で洗えるのか?

自宅で洗えるものと洗えないものがあります。自分で洗濯する前に、洗濯表示(洗濯タグ)を確認してください。洗濯機・手洗い洗濯OKの表示があれば、自宅で洗濯することができます。手洗い表記の場合でも、手洗いモード搭載の洗濯機なら可能です。ただし、水洗い不可(絹・綿・麻など)のもの、ドライクリーニングの表示がついているものは、自宅で洗濯できません。

1-4.クリーニングのメリットは?

自宅で洗濯できないカーテンが洗えるのはもちろんのこと、専用の洗剤と機械を使うので細かい汚れも取りのぞくことができます。自宅ではなかなか除去できない「シミ取り」も可能です。また、細かい刺繍やビーズなどがついている高級素材のカーテンは、自宅で洗うより専門のクリーニング店に依頼したほうが安心できます。

2.カーテンをクリーニングに出す方法は?

カーテンをクリーニングに出す方法とポイントを解説します。

2-1.どこへ出すのか?

ほとんどのクリーニング店で、カーテンのクリーニングを受けつけています。近くにクリーニング店があれば、直接持ち込むことができますが、中には「宅配」での依頼を受けつけているところもあるのです。宅配の場合は、クリーニング店に依頼しダンボールなどに包んで送ります。具体的な方法は店舗によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

2-2.気になる費用・日数は?

カーテンの種類・サイズで異なりますが、目安となる費用は以下のとおりです。

  • レースカーテン:1㎡あたり450円~
  • ドレープ(裏地なし):1㎡あたり450円~
  • ドレープ遮光カーテン:1㎡あたり600円~

一般的には、1~2週間程度でクリーニングが完了します。ただし、宅配クリーニングの場合は、仕上がりまで約3週間かかるところが多いので注意してくださいね。また、業者によっては送料が高いところもあるので、送料の有無・諸費用にも注意しましょう。

2-3.業者とのトラブルに要注意!

「オーダーカーテンが縮んだ」「あまりキレイにならなかった」など、クリーニング店とのトラブルが起きているので注意しなければなりません。カーテンクリーニングのトラブルで最も多いのが、「カーテンが縮んだ」という内容です。クリーニングすれば多少縮むことがありますが、どの程度縮む可能性があるのか事前に確認してください。受付の段階で確認しておけば、トラブルを防ぐことができるでしょう。

3.カーテンの掃除~家で洗濯する方法

家で洗濯する場合に必要なもの、手順、ポイントを紹介します。

3-1.用意するもの

カーテンの洗濯表示を確認した後、洗い方と使える洗剤の種類もチェックしてください。カーテンの洗濯に必要な洗剤は、「中性洗剤」が良いでしょう。デリケートな素材・特殊な素材を使っているカーテンもあるため、刺激が強すぎる洗剤は色落ちや縮む原因となります。汚れがひどい場合は「酸素系漂白剤」を汚れが気になる部分に塗布してから洗濯しましょう。また、抗菌・防臭効果のある「柔軟剤」を加えると、カーテンからほのかな香りが漂ってくるのでおすすめです。さらに、洗濯ネットも用意してください。洗濯ネットに入れることで、シワにならずキレイに洗濯できます。

3-2.主な洗濯の手順は?

必要なものを用意したら、以下の手順でキレイにしていきましょう。

  1. カーテンをレールから外し、フックを取り外す
  2. カーテンにシミや汚れがないかチェック。大きなホコリを取りのぞき、汚れのひどい部分があればその部分に漂白剤などをスプレーする
  3. 汚れのチェックを終えたら、カーテンのギャザー部分を寄せるようにしてアコーディオン状にたたむ
  4. 汚れている部分が表に出るようにネットに入れ、洗濯機に入れる
  5. 「すすぎ1回」または「乾燥時間短め」「水流短め」のやさしいコースを設定し洗濯
  6. 洗濯後はシワにならないように早めに取り出し、物干し竿などに広げて乾かす
  7. 乾いたら再びフックを取りつけてもとに戻し完了

カーテンを乾かす場合は、濡れたカーテンを元のレールに戻して乾かす方法もおすすめです。水分の重みによってシワを伸ばすことができます。

3-3.洗濯前にホコリ・汚れ具合をチェックする!

カーテンを自宅で洗濯するポイントは、洗濯前にホコリ・汚れ具合をチェックすることです。洗濯前にある程度のホコリと汚れを取りのぞくことで、キレイな仕上がりになります。もし、カーテンにカビ汚れがついている場合は、綿棒などに塩素系漂白剤を少しつけて、その部分をたたいてから洗濯してください。ただし、塩素系漂白剤が使えないカーテンは、自宅でカビを取るのは困難です。漂白剤を使用しても色落ちが心配な方は、事前にクリーニング店へ相談することをおすすめします。

3-4.洗っている間に窓際の掃除をしよう!

カーテンをキレイにしたのに窓際が汚れていては、また汚れてしまいます。ハンドモップ・ブラシ・スポンジ・家庭用クリーナー・ガラス用洗剤・ビニール袋を用意してください。カーテンレールの上に積もっているホコリをハンドモップで取りのぞき、窓の桟(さん)の部分は、メラミンスポンジまたはティッシュを巻き付けた棒などを使ってキレイにしましょう。

4.カーテンの掃除~普段のお手入れは?

清潔なカーテンを保ち続けるには、普段のお手入れが大切です。ここでは、気軽にできるお手入れ方法を説明します。

4-1.定期的にホコリを取りのぞく

カーテンには、室内のホコリが付着しやすい傾向があります。そのため、日ごろから掃除の際にはたきをかけたり、掃除機のブラシでホコリを吸い取ったりしてください。カーテンだけでなく、カーテンレールの汚れ・窓まわりの掃除も忘れてはいけません。毎日する必要はありませんが、1週間1回の掃除を心がけることで、カーテンの汚れを防ぐことができます。

4-2.汚れがついてしまったときはすぐに拭き取る

口紅・ジュースなど汚れがついてしまったときに、すぐ拭き取りましょう。時間が経過するほど汚れが落ちにくくなり、クリーニングをしてもキレイにならないことがあります。汚れがついたときは、衣料用中性洗剤を薄めたものを布に含ませ、下にキレイな布を当てた状態で上からたたくように拭き取ってください。汚れを広げないように気をつけることが大切です。

4-3.こまめな換気でカビを防ごう!

冬は窓が結露しやすい季節なので、結露した水滴がカーテンに付着し、カビの原因になります。窓に結露ができたときはタオルで拭き取り、こまめな換気を心がけてください。換気することで風通しがよくなり、カビの発生を防ぐことができるでしょう。

4-4.衣類用の消臭スプレーを使う

タバコなど、嫌なニオイが気になったときは「衣料用の消臭スプレー」を使ってください。消臭スプレーをカーテン全体に吹きかけることでニオイが除去できます。中には、嫌なニオイを吸着させないタイプのスプレーも登場しているので活用すると良いですよ。ただし、カーテンはデリケートな素材が多いので、スプレーを吹きかける前に目立たないところで色落ちチェックをしてください。色落ちしないことが確認できてから、全体にかけるようにしましょう。

5.カーテンのクリーニング・掃除に関してよくある質問

カーテンのクリーニング・掃除に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.カーテンの洗濯に適した時期、頻度は?
A.ドレープカーテンで年1回、レースのカーテンで年3回がベストな洗濯頻度といわれています。これらの理想頻度を意識して、季節の変わり目に洗濯してください。たとえば、春はホコリ・花粉が多い季節なので、梅雨がやってくる前に洗うのがベストです。また、冬は結露で水気を多く含むため、カーテンにカビが生えやすい季節になります。冬がやってくる前の秋ごろに洗濯すると良いでしょう。

Q.カーテンを洗濯する前に確認すべきことは?
A.洗濯表示や汚れの有無だけでなく、フックが残っていないか確認してください。大きなカーテンの場合、フックの取り外しが面倒に感じるかもしれませんが、紛失防止のためにもチェックが大切です。自宅で洗濯する場合は、フックが洗濯機の故障原因になりかねません。必ずフックをすべて取りのぞいてから洗濯しましょう。

Q.アイロンをかけても良いのか?
A.シワを伸ばすためにアイロンをかける方がいますが、カーテンの素材によってはアイロンがけがNGになっているケースがあります。アイロンをかける前に、必ず洗濯表示を確認してください。洗濯表示にアイロンのOKマークがあれば、軽めにアイロンをかけましょう。洗濯表示で確認できない場合は、クリーニング店へ相談してください。

Q.汚れがひどい場合の洗濯方法は?
A.数年間洗っていないカーテンの場合、ひどい汚れがついている可能性があります。汚れがひどい場合は、お湯がたっぷり入る洗面器または浴槽に約35~40℃のお湯を張ってください。そして、いつも使用している洗剤と食器用中性洗剤を数滴、粉末酸素系漂白剤を洗濯機で使用する規定量入れます。しばらくお湯に浸しておくと、汚れが浮き出てくるのでカーテンを取り出して洗濯ネットに入れてから洗濯機に投入しましょう。後は、1番弱い洗浄コースで洗い、脱水を3分行えばキレイになります。

Q.宅配クリーニングのメリット・デメリットは?
A.宅配クリーニングの大きなメリットは、重い荷物を自分で運ばなくても良い点です。宅配業者が集荷にやってきてくれるので、高齢者の方でも安心して依頼できます。ただし、店舗型と比べると仕上がるまでの時間が長く、費用が割高になる可能性もあるので注意が必要です。メリットだけでなく、デメリットを踏まえた上で宅配クリーニングを利用しましょう。

まとめ

いかがでしたか? カーテンには、ハウスダスト・ペットの毛・タバコのニオイなど、さまざまな汚れが付着しています。洗濯表示に洗濯OKの表示があれば、自宅の洗濯機で簡単に洗うことができるでしょう。ただし、洗濯・水洗いがNGになっているカーテンは、クリーニング店へ依頼することになります。まずは、洗濯表示を確認してから正しい方法で洗ってくださいね。キレイなカーテンを維持し続けるためにも、カーテンだけでなく、カーテンレール・窓まわりの掃除も心がけましょう。