台所の油汚れでお困りの方へ! 簡単&スッキリ落とす方法を伝授!

「台所が油汚れでベタベタして困っているが、効率よく掃除する方法はないか」「簡単に油汚れを落とすコツやポイントを知りたい」とお考えではありませんか? 台所の油汚れはしつこくこびり付いており、掃除してもなかなか落ちなくて困りますよね。しかし、油汚れが付着したままでは、雑菌やカビ・害虫などが繁殖しやすく不衛生です。清潔な台所を取り戻すためにも、まずは、正しい方法で掃除する必要があります。

そこで今回は、台所の油汚れについて詳しく解説しましょう。

  1. 台所の油汚れ掃除に役立つアイテムを紹介
  2. 台所の油汚れを落とす方法
  3. 油汚れの付着を防ぐ方法は?
  4. 自力では落とせない油汚れはどうする?
  5. 台所の油汚れに関するよくある質問

この記事を読むことで、台所の油汚れをスッキリ落とすポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.台所の油汚れ掃除に役立つアイテムを紹介

最初に、台所の油汚れ掃除に役立つアイテムをご紹介しましょう。

1-1.使い捨てタイプの台所用掃除シート

使い捨てタイプの台所用掃除シートがあると、毎日の油汚れ掃除に重宝します。掃除した後そのまま捨てることができるので、お手入れの手間もかかりません。油汚れが気になるときにさっと手に取れるよう、使いやすい場所に常備しておきましょう。ウェットタイプとドライタイプの2種類を用意しておけば、何かと便利です。

1-2.キッチンペーパー&食品用ラップ

キッチンペーパーと食品用ラップがあれば、コンロなど水に浸すことができないものでも簡単につけ置きすることができます。いずれか単体で使うこともできますが、よりおすすめは両方を組み合わせる方法です。キッチンペーパーをぬらしてつけ置きする場所を覆った後、食品用ラップでカバーすると、乾燥を防いでより高い効果が期待できます。

1-3.プラスチック製カード

プラスチック製カードは、ハウスダストなどと混ざって固まってしまった油汚れをこそぎ取るのに便利です。不要になったポイントカードなどを油汚れ掃除に活用しましょう。カードの角を使えば、細かな溝に入った油汚れをかき出すこともできます。いずれも、油汚れをある程度ゆるめてから力を入れずにゆっくり使うことがコツです。

1-4.古歯ブラシ

古歯ブラシは、細かな部分に入り込んだ油汚れを掃除するのに便利です。換気扇など複雑な形をしているものや、細かい溝部分の油汚れなどをかき出すときにも助かるでしょう。なるべく毛先が柔らかいものを使うと、掃除中に傷が付きにくくておすすめです。何本かストックしておき、場所ごとに使い分けるのもよいでしょう。

1-5.各種洗剤類

台所の油汚れ掃除には、以下のような洗剤類が役立ちます。いずれも水を加えたり水で薄めたりして使いましょう。

  • 重曹
  • 食器用中性洗剤
  • 台所用中性洗剤

なお、洗剤成分が残ると素材が傷む原因になるので、使用後はよく水で流しておくことが大切です。

2.台所の油汚れを落とす方法

台所の油汚れをスッキリ落とす方法を詳しく解説します。

2-1.換気扇はつけ置きを活用すると簡単

換気扇のしつこい油汚れには、つけ置きを活用するとよいでしょう。つけ置きすることで、しつこい汚れがゆるんで簡単に落としやすくなります。具体的なやり方は、以下をご覧ください。

  1. つけ置き用の容器に40~50℃程度のお湯と重曹を入れてよく混ぜる
  2. 換気扇カバーと換気扇を外して1の中に沈め、30分程度放置する
  3. 油汚れがゆるんだら古歯ブラシなどを使用して細かい部分までこすり洗いする
  4. 水でよく洗い流し、から拭きで水分を拭き取った後完全に乾かす
  5. 換気扇と換気扇カバーを元どおりに取り付けて完了

2-2.コンロ周辺の油汚れは重曹ペーストが便利

コンロ周辺のしつこい油汚れには、重曹ペースト(重曹に水を少量加えて練ったもの)を使うと便利です。具体的な掃除方法は、以下を参考にしてください。

  1. 油汚れがひどい部分に重曹ペーストを覆うように塗る
  2. 上から食品用ラップを貼り付けて20分程度放置する
  3. プラスチック製カードなどを使用して、重曹ペーストを油汚れごとこそぎ取る
  4. 水拭き・から拭きで仕上げる

2-3.シンクの油汚れは食器用中性洗剤がおすすめ

シンクの油汚れを落とすには、食器用中性洗剤を使用するのが一番簡単です。

  1. 掃除用スポンジを水にぬらしてから、食器用中性洗剤を少量付けて泡立てる
  2. シンク全体をやさしくこすり洗いする
  3. 洗剤成分を水でよく流し、乾いたぞうきんなどでから拭きして完了

なお、排水口の油汚れが気になるときは、水でぬらした排水口に重曹を適量ふりかけ、20分程度放置してから水を流すとスッキリします。

2-4.台所の壁や床は台所用中性洗剤が活躍

台所の壁や床に付着した油汚れには、台所用中性洗剤が活躍します。

  1. 台所用中性洗剤を水で薄めたものにぞうきんを浸して固く絞る
  2. 油汚れを拭き取る
  3. 汚れが落ちたら水拭きで洗剤成分を完全に拭き取り、から拭きで仕上げる

油汚れがひどい場合は、ぞうきんの代わりにキッチンペーパーと食品用ラップを使ってつけ置きを活用するのもよいでしょう。

3.油汚れの付着を防ぐ方法は?

油汚れの付着を防ぐ方法を詳しく見ていきましょう。

3-1.調理後は油汚れをこまめに拭き取る

調理後は、油汚れをこまめに拭き取ることも大切です。油汚れは、油を使って調理するたびに蓄積します。調理した都度こまめに油汚れを拭き取れば簡単に落ち、台所をいつもキレイに保つことが可能です。特に、コンロ周辺は調理後に目視でチェックし、使い捨てタイプの台所用掃除シートやキッチンペーパーなどで拭き取っておきましょう。

3-2.換気扇を回す

台所に油汚れが付着するのを防ぐには、換気扇を回すことも有効です。調理中の油は一部気化して、空気に混ざり広範囲に飛び散ります。換気扇を回しながら調理すれば、気化した油を吸い込んでくれるため、台所が汚れるのを防ぐことが可能です。なお、ガスコンロを使用する場合は、一酸化炭素中毒を防ぐ意味からも、必ず換気扇を回しながら調理してください。

3-3.調理時にフタを使用する

調理時にフタを使用することも、油汚れの付着防止に効果的です。フライパンやなべで調理すると、気化した油や吹きこぼれが周囲に飛び散るのを防ぐことができます。フライパンやなべで煮物をするときにフタをすれば、油汚れを防止するだけでなく、熱効率が高まって光熱費の節約になりおすすめです。

3-4.油汚れ対策グッズを使用する

油汚れ対策グッズを使用すると、調理中の油汚れが台所に付着しづらくなります。掃除の手間を省くことができるので、活用してみるとよいでしょう。たとえば、以下のようなものです。

  • レンジガード:コンロの周辺に立てかけるように使うことで油汚れが飛びはねるのを防ぐ
  • 台所用油汚れ防止シート:コンロや換気扇などに貼っておけば汚れたときに交換するだけでキレイになる
  • ウォールステッカー:コンロ周辺の壁などに貼って油汚れの付着を防ぐ。デザインが豊富でインテリアにもなる

3-5.揚げ物やいため物を控える

揚げ物やいため物を控えることで、台所の油汚れを防ぐこともできます。調理時に油を使わないことから、台所の掃除も簡単に済むことでしょう。ただし、調理メニューのレパートリーが大きく限定されるのがデメリットです。調理の楽しみを制限しないためにも、油汚れ対策グッズを使用することなどをおすすめします。

4.自力では落とせない油汚れはどうする?

台所の油汚れを自力で落とせない場合は、ハウスクリーニング業者に依頼することをおすすめします。

4-1.プロのハウスクリーニング業者に依頼するのがおすすめ

台所の汚れがひどくて自力で落とすことができない、掃除に時間をかけることができないといった場合は、プロのハウスクリーニング業者に依頼するとよいでしょう。たとえば、以下のように多くのメリットがあります。

  • 自分で掃除するよりキレイに仕上がる
  • 都合のよい日時に作業してもらえる
  • 労力や時間を節約できる

4-2.信頼できるハウスクリーニング業者の選び方     

台所の油汚れ掃除は、以下の条件を参考にして信頼できるハウスクリーニング業者に依頼しましょう。

  • ハウスクリーニング業務で豊富な実績がある
  • 丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 希望日時に依頼できる
  • スタッフが礼儀正しくて感じがよい
  • 顧客からの評判がよい

4-3.台所の油汚れ掃除を業者に依頼する場合の料金目安は?

ハウスクリーニング業者に台所の油汚れ掃除を依頼した場合、以下が料金目安になります。台所の油汚れは思っているより広範囲に付着しているので、プロの手で台所全体をピカピカにしてもらうのもおすすめです。

  • レンジフード・換気扇周辺:1万~2万円程度
  • コンロ周辺:0.7万~1.2万円程度
  • シンク周辺:0.5万~1万円程度
  • 台所全体:2万~4万円程度

なお、台所の広さや汚れ具合によっても金額が異なるため、詳しくは業者に見積もりをもらって確認してください。

5.台所の油汚れに関するよくある質問

最後に、台所の油汚れに関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.台所の油汚れ掃除は毎日行うべきか?
A.毎日行うのが理想です。しかし、普段は調理後にコンロ周辺などを軽く拭き取るだけにし、週末など時間があるときにしっかり掃除すれば問題ありません。

Q.台所の天井が茶色くなるのは油汚れが原因?
A.油汚れも原因の一つでしょう。そのほかにも、ハウスダスト・経年変化による退色・日焼けなどが考えられます。

Q.コンロの油汚れを掃除したら傷が付いてしまったのですが?
A.掃除する際、ゴシゴシと力を入れ過ぎたり硬いものを使ったりすると傷が付きやすいので注意してください。つけ置きを活用して汚れをゆるめてから掃除すると、少ない力で済むので傷が付きにくくなります。

Q.油汚れを放置し続けるとどうなる?
A.ハウスダストなどと混ざり、湿気を吸収して非常に落としにくい頑固な汚れに変化します。また、雑菌やカビ・害虫が繁殖して不衛生なので、放置せず早めに掃除することが大切です。

Q.台所の以外にも業者に掃除を依頼したほうがいい場所は?
A.予算に余裕があるなら、浴室・洗面所・トイレなどの水回りを掃除してもらうとよいでしょう。普段手が届かない部分までキレイになって快適です。また、1回プロの手が入れば、自分でも楽に掃除できるようになります。

まとめ

今回は、台所の油汚れについて詳しく解説しました。台所のしつこい油汚れを掃除するには、つけ置きや便利グッズを活用するとよいでしょう。力を入れてゴシゴシこすらずに済むので、掃除が楽になり時短も実現できます。また、普段から油汚れをため込まないよう、調理した都度簡単に掃除するように心がけることも大切です。なお、台所の油汚れがしつこい場合は、プロのハウスクリーニング業者に掃除を依頼するとよいでしょう。油汚れがスッキリ落ちて隅々までピカピカになり、今後の掃除も楽になります。