ラグの掃除方法を知りたい。シミや汚れの効果的な落とし方とは?

12月に入り、そろそろ年末の準備を始める人も増えてくることでしょう。年末にはいろいろな行事がありますが、その中でも大掃除は新年をすっきりとした気持ちで迎えるためにも欠かせません。しかし、その一方で「掃除の仕方が分からないものがたくさんあり、悩んでいる」という人もいるでしょう。
そこで、今回は汚れやすいラグをきれいに掃除する方法を紹介します。

  1. ラグ掃除の必要性と難しさ
  2. ラグ掃除の方法
  3. ラグの掃除に関するよくある質問
  4. おわりに

この記事を読めば、ラグを自分できれいにする方法がよく分かることでしょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.ラグ掃除の必要性と難しさ

はじめに、ラグ掃除が必要な理由と掃除の難しさを解説します。ラグは他の敷物と何が違うのでしょうか?

1-1.ラグとは何か?

ラグとは、1畳以上3畳未満の敷物のことを指します。1畳未満の敷物は同じ素材であってもマット、3畳以上のものはカーペットと呼ばれるのです。ラグは、座卓やソファーの下など「フローリングむき出しだと、少し味気ない」と思われる場所に敷かれることが多いでしょう。また、畳などを保護するために敷かれることもあります。

1-2.ラグ掃除の必要性

ラグは、ウール・ポリエステル・コットン・麻などさまざまな素材のものがあります。夏向けのラグは毛足が短くサラサラとした肌触りのものが多い一方、冬向けのラグは毛足が長くふかふかとした肌触りのものが多いでしょう。大掃除の季節に使われているラグは、大抵冬向けのラグです。毛足の長いラグは暖かく防寒効果に優れていますが、ゴミが絡まりやすく汚れやすいというデメリットもあります。また、毎日スリッパや靴下、素足でラグの上を歩いているとどうしても汚れることは避けられません。色が濃いものは汚れが目立ちにくいのですが、定期的な掃除は必要です。

1-3.ラグの掃除が難しい理由

ラグの掃除が難しいのは、以下のような理由があります。

  • ラグのサイズが大きすぎて、家庭用洗濯機では洗うことが難しい
  • ラグの素材が分からず、どうやって掃除をしていいか分からない
  • ラグの毛足が長く、ホコリやゴミが取れにくい
  • 油性の汚れがついてしまい、取れない

しかし、これらのことは解決することができるのです。次の項で、ラグの掃除方法を解説しましょう。