風呂の排水がつまる! つまりの原因や解消・予防法について徹底解説

「風呂の排水溝から水があふれてきた」「浴槽のお湯を流そうとしてもつまっていて流れない」など、風呂の排水のつまりで悩みを抱えている方が多いでしょう。風呂の排水をよくするためには、原因を把握しておかなければなりません。また、日々のメンテナンスをすることで、排水のつまりを未然に防ぐことができます。しかし、排水のつまりをどうすれば改善できるのか、どんなメンテナンスをすればよいのか分かりませんよね。そこで、本記事では、風呂の排水のつまりや解消・予防方法について説明します。

  1. 風呂の排水のつまりについて
  2. 風呂の排水のつまり~解消方法
  3. 風呂の排水のつまり~予防方法
  4. 風呂の排水のつまりに関してよくある質問

この記事を読むことで、風呂の排水トラブルを解消し、未然に防ぐ方法が分かります。悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.風呂の排水のつまりについて

毎日使う風呂だからこそ、排水のつまりは気をつけておきたいポイントです。まずは、風呂の排水のつまりについてチェックしていきましょう。

1-1.風呂の排水の仕組み

排水溝には、「排水トラップ」と呼ばれる仕組みがあります。排水トラップとは、下水道の悪臭・ガスが屋内へ侵入するのを防ぐ器具・構造のことです。風呂場の排水溝を見ると分かりますが、必ず水がたまるような仕組みが設けられています。わざと、水がたまるようにしているのは、においを防止するためです。配管の中まで水がたまっているように見えますが、排水管の中はスカスカの状態になっています。水をためているからこそ、下から上がってくる下水臭やねずみなどの害虫をのシャットアウトが可能です。

1-2.つまる原因について

風呂の排水がつまるのは、排水トラップが関係しています。水が張っている排水溝だからこそ、排水管にひそんでいる菌・害虫・においを防ぐことが可能です。しかし、排水管の穴の高さに合わせて空気が下方向に流れる仕組みをしているため、水も下方向に流れてしまいます。排水管の内部に汚れがたまると、水も流れなくなり、汚れと一緒に浮き出てしまうのです。
主に、排水管の内部にたまる汚れは、シャンプー・皮脂・髪の毛・雑菌などの汚れでしょう。最も分かりやすいのは、入浴剤の小さな破片・シャンプーボトルのキャップ・カミソリの刃など固形物です。いつの間にか排水管の中に入り、つまりの原因になっています。

1-3.つまるとどうなるか

排水管がつまると、水が流れなくなるのは当たり前です。外へ水を出すべき箇所が汚れでふさがっているため、水が流れなくなり排水溝に逆流します。また、ごぼごぼと音がするようになるでしょう。水を流していないのに排水溝から音がする場合は、排水溝がつまっている証(あかし)となります。マンションなどの集合住宅では配管がつながっているため、ほかの階で大量に水を流したときに音が発生することもあるのです。さらに、音だけでなく、排水管をとおして臭気も上がってくることが多いでしょう。