風呂の鏡の水垢でお悩みの方へ! スッキリ落とす方法を詳しく解説!

風呂の鏡には、水垢(みずあか)がつきやすいものです。しかも、通常の掃除では落ちにくく、困ってしまいますよね。何とかして水垢を落とし、キレイな鏡を取り戻したいものです。そこで、今回は、風呂の鏡の水垢でお悩みの方のために、スッキリ落とす方法をはじめ、予防法についても詳しく解説します。

  1. 風呂の鏡の水垢とは?
  2. 風呂の鏡の水垢掃除について
  3. 風呂の鏡の水垢を掃除する方法
  4. 風呂の鏡の水垢を予防する方法
  5. 風呂の鏡の水垢に関するよくある質問

この記事を読むことで、風呂の鏡の水垢に関する知識が身につき、キレイに掃除できるようになります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.風呂の鏡の水垢とは?

最初に、風呂の鏡に付着する水垢の正体や主な原因などを学びましょう。

1-1.水垢とは?

水垢とは、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が固まってできたものです。特に水を多く使う部分に発生しやすく、キッチンのシンクや蛇口周辺・風呂場・電気ポットの内部などに多く見ることができます。なお、水垢自体は衛生的に問題のあるものではありません。

1-2.水垢が発生する原因について

水垢が発生する原因は、水道水を使用した後に放置することです。水は蒸発してなくなりますが、ミネラル分はそのまま残ります。水を使うたびに完全にふき取ることが大切です。掃除が不完全な場合や、常に水を使用している部分には水垢が発生しやすくなるので気をつけましょう。