トイレの壁掃除の方法は? 汚れやカビがスッキリ落ちるコツを伝授!

トイレ掃除で便器や床はキレイにしていても、壁のことは忘れている人も多いのではないでしょうか。トイレの壁は、想像以上に汚れており、カビが発生していることもあります。清潔でキレイなトイレにするためには、壁も忘れずに掃除をしてください。しかし、どんな掃除方法がいいのか、洗剤などはどんなものを使うべきかなど、お悩みもあるでしょう。そこで、今回は、トイレの壁掃除について詳しく解説します。

  • トイレの壁の基礎知識
  • トイレの壁の掃除方法を詳しく解説
  • トイレの壁の汚れを予防する方法は?
  • トイレの壁掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、トイレの壁掃除に関する基本がわかり、適切な方法でキレイにできます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.トイレの壁の基礎知識

最初に、トイレの壁の基礎知識を解説します。汚れの種類や原因についても学びましょう。

1-1.トイレの壁の特徴

トイレの壁には、以下のような特徴があります。

  • 汚れを見落としがち
  • 黒ずみや黄ばみが発生しやすい
  • においが付着しやすい

トイレ掃除を毎日行っているにも関わらず、スッキリしない・においが気になるというときは、壁の掃除が不十分な可能性があります。面積が広いため掃除が大変なのも放置しがちな原因といえるでしょう。

1-2.壁紙の素材について

壁紙の素材によっても、汚れが付着しやすいものです。たとえば、壁紙の表面が紙や布の場合は、汚れやにおいがつきやすく、取りにくいので注意しましょう。

1-3.トイレの壁に付着する汚れについて

トイレの壁に付着する汚れの種類や原因・雑菌について解説します。

1-3-1.トイレの壁にはどんな汚れが付着する?

トイレの壁の汚れは、主に以下のようなものです。複数の汚れが混ざり合っている場合は、落としにくくなります。

  • ホコリ
  • 手あか
  • 尿
  • カビ

なお、経年変化で黄ばみや色あせが発生し、汚れに見えることもあります。

1-3-2.トイレの壁が汚れる原因

トイレの壁が汚れるのは、主に以下のことが原因です。

  • 汚い手で触れる
  • 湿気がこもる
  • 男性が立って排尿する

1-3-3.トイレの壁の雑菌について

トイレの壁にはさまざまな雑菌が繁殖しやすいので注意しましょう。トイレは排泄(はいせつ)目的の場所であるため、大腸菌や黄色ブドウ球菌など各種雑菌が存在します。特に、手洗い前に壁紙に触れると雑菌の繁殖が加速するのでやめましょう。雑菌は、定期的に掃除をして除去し、増殖を予防する必要があります。抗菌効果のある壁紙を使うのもおすすめです。