【必読】浴室の床の掃除はお任せ! 汚れがスッキリする方法を解説!

浴室掃除でも、厄介なのが床の汚れです。床は、さまざまな汚れが重なりあって取りにくくなることも多く、掃除の仕方で悩むこともあるでしょう。また、湿気が残りやすくカビが発生してしまうのも大きな問題となります。家族の健康を守るためにも、何とかして清潔でキレイな床を取り戻したいものですよね。そこで、今回は、浴室の床の掃除について詳しく解説します。

  1. 浴室の床の汚れとは?
  2. 浴室の床の掃除方法を解説
  3. 浴室の床の汚れを予防する方法
  4. 浴室の床の掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、浴室の床をキレイで清潔な状態に維持できるようになります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.浴室の床の汚れとは?

最初に、浴室の床の汚れに関する基本を学びましょう。汚れやすい場所・原因・汚れの種類や床材についてなど詳しく解説します。

1-1.浴室の床で汚れやすい場所

浴室の床で特に汚れやすい場所は、以下のような部分です。

  • 排水口の近く
  • 壁との境界
  • イスや洗面器を置く部分

1-2.浴室の床が汚れる原因

浴室の床が汚れる主な原因は、湯あかと湯あかの付着による雑菌やカビの繁殖です。体を洗ったとき、皮脂汚れと石けんの成分が反応して湯あかが出ます。お湯で洗い流すと体はスッキリしても、床についた湯あかはきちんと掃除をするまで取れません。また、湿気がこもりやすい浴室では、床が乾くことができずカビが繁殖しやすくなります。

1-3.汚れの成分や種類について

浴室の床の汚れは、湯あかがアルカリ性、手あかや皮脂汚れは酸性です。そのため、汚れの種類を見極めて洗剤を使い分けると効率よく汚れを落とすことができます。浴室用洗剤の注意書きを読み、汚れに合ったものを使いましょう。なお、汚れの原因がカビである場合は、カビ取り剤が必要です。

1-4.浴室の床材について

よくあるタイプがタイル張りの床です。気軽に掃除できる点は大きなメリットと言えるでしょう。また、最近では、防汚機能や水気がきれやすいタイプが存在しています。掃除も楽に済むので、キレイな状態を保ちやすいでしょう。ひのきなど、木材は香りがよく、高級感があることで人気ですが掃除しにくいのが難点です。また、洗剤で変色や変質しやすいなどの点もあるため、手入れには気をつけてください。