玄関の掃除方法とは?~自分でする方法と業者に依頼すべき場合~

毎日使う場所でもある玄関は、家の中でも汚れやすい場所の1つです。「掃除してもすぐに汚れる」など、悩んでいる方が多いのではないでしょうか。正しい玄関掃除を行うためには、どんな汚れがつくのか、把握しておかなければなりません。また、掃除手順もきちんと知ることが大切です。なかなか取りのぞけない汚れの場合は、業者に依頼するのも選択肢の1つでしょう。本記事では、玄関掃除の基礎知識・掃除をするための準備・方法について説明します。

  1. 玄関掃除の基礎知識
  2. 玄関の掃除~準備について
  3. 玄関の掃除~方法について
  4. 玄関の掃除~業者に依頼する方法
  5. 玄関掃除に関してよくある質問

この記事を読むことで、玄関掃除に必要な知識を身につけることができます。汚れで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.玄関掃除の基礎知識

玄関は、家の顔ともいえる場所なので、常に清潔な状態にしておかなければなりません。まずは、玄関掃除の重要性・ほかの掃除との違い・頻度・つきやすい汚れ・一軒家とマンションの違いについてチェックしておきましょう。

1-1.玄関掃除の重要性

玄関は、外出時で衣類・靴についた汚れやホコリ・塵(ちり)がたまりやすい場所です。床だけでなく、壁紙・下駄箱(げたばこ)も汚れが付着することになるでしょう。汚れたままの状態では、家に訪れた人も良い気分になりません。玄関が汚い=家の中も汚いという悪い印象を持たれてしまいます。さらに、汚い玄関は悪い運気を引きこむと風水でいわれているのです。良い運気を引き寄せるためには、玄関の掃除が必要となります。

1-2.ほかの掃除との違い

家の中で、玄関は外の部分とつながっている場所です。室内で使用する掃除道具は使えないでしょう。たとえば、掃除機は室内で使うものですが、玄関の床には使いませんよね。また、玄関は石(タイル)の床になっていることが多いでしょう。タイルの素材によって掃除方法も変わるため、注意が必要です。
たとえば、天然大理石の場合は水気が苦手なので、水掃除ができません。くすみが目立ってきたときは、中性洗剤を薄めてマイクロファイバーにつけて拭いてください。水分を残さないことがポイントです。
人工大理石の場合は、天然大理石と同じ掃除方法で良いでしょう。ただし、やわらかい素材となっているため、やさしく丁寧に拭き掃除を行ってください。

1-3.頻度は?

玄関は、家の中でもホコリ・塵(ちり)がたまりやすいスペースとなっています。そのため、できれば毎日キレイに掃除しておきたいところです。入念に掃除を行う必要はありませんが、簡単な掃(は)き掃除などはしておきましょう。毎日掃除をするだけでも、ホコリ・塵がたまりにくくなります。

1-4.どんな汚れがつきやすいか

玄関の汚れは、外部から侵入するホコリ・塵・花粉・土・泥(どろ)などが多いでしょう。特に、雨が振ったときは泥や雨水が玄関に入ってくることになります。雨の日の玄関は、たくさんの汚れがつくでしょう。どんな汚れがついているのか、玄関を確認してみると良いですよ。さらに、靴箱には手垢(てあか)がつきます。玄関の床だけでなく、玄関にある靴箱・壁にも注目してください。

1-5.一軒家とマンションの違い

マンションの場合は、賃貸契約をしていることが多く、玄関・ベランダなどで水を流すことが禁じられている場合があります。一軒家はほとんど持ち家だと思いますが、賃貸契約をする場合もあるため、規約を把握しておかなければなりません。規約を守らなければならない場合は、掃き掃除をした後に中性洗剤とマイクロファイバーを使って拭き掃除をしてください。