押入れのカビ対策について知りたい! 湿気と結露対策やカビの取り方

自宅の押入れにカビが生えてしまっている人は、必見です。
カビはやっかいなもので、なかなか取りのぞくことができません。
カビの排除で苦労している人も多いのではないでしょうか。
そこで、押入れのカビの取り方について説明します。
湿気(しっけ)と結露の対策や梅雨時期にやっておきたいカビ防止策、押入れ内の不用品を処分する方法もチェックしていきましょう。
押入れのカビを防ぐためにも、整理整頓は大切ですよ。

  1. カビの取り方
  2. 湿気(しっけ)と結露・カビ対策
  3. 押入れの不用品を処分する方法
  4. まとめ

1.カビの取り方

湿気がたまりやすい押入れは、特に、カビが発生しやすい場所になるでしょう。
スムーズにカビが取れるように、カビの取り方をマスターしてください。
そして、未然に防ぐためのカビ対策もしておきましょう。

1-1.市販の漂白剤を使う

押入れのカビ取りには、市販の「漂白剤」を使ってください。
漂白をすることで、カビの斑点を落とすことができるでしょう。
まず、押入れの中に入っているものをすべて取り出します。
カビがついている部分に漂白剤を塗りましょう。
直接塗ると、押入れ自体が傷んでしまう恐れもあります。傷むのが嫌な人は、タオルに塗って拭くと良いですよ。
また、最近は泡タイプの漂白剤もあります。気軽に吹きかけることができるでしょう。
カビの部分に漂白剤をつけたら、黒い斑点が薄くなるまで待ちます。薄くなったら、お湯にぬらしたタオルで拭き取ってください。
そして、再び乾いたタオルで水気を取ります。
しっかり乾燥するまでものを入れてはいけません。
完全に乾燥してカビの斑点が消えたと確認できたら、ものを収納しましょう。
市販の漂白剤にもさまざまな種類があります。
オススメは、塩素系漂白剤です。
お風呂用よりもキッチン用の方が、傷めずに取ることができるでしょう。

1-2.消毒用エタノールを利用する

漂白剤で押入れを傷めたくない人は、消毒用エタノールを使ってください。
消毒用エタノールは、ホームセンターやドラッグストア、スーパーでも購入できます。
漂白剤よりも刺激が少ないので、押入れを傷める心配もいりません。
消毒用エタノールは、除菌できます。
消毒用エタノールを使ったカビの取り方は、とても簡単ですよ。
まず、消毒用エタノールを使いやすい霧吹きに移します。直接カビの部分に吹きかけてください。
そして、完全に乾いたら完了です。ひどくないカビならすぐに取れるでしょう。
消毒用エタノールはそのまま利用しても構いません。
しかし、無水エタノールや逆性石けんなどは、水で薄めてから使ってくださいね。

1-3.カビがひどい場合の対処法

カビの状態がひどい場合の対処法は2つあります。
「ヤスリを使って削る」「カビがついている部分を張り替える」方法です。
消毒用エタノールや漂白剤を使っても取れないカビは、簡単に取ることができません。
もし、取れない場合は1度、ヤスリで削ってみてください。
カビが奥深くまで根付いていなければ、ヤスリで取ることができます。
しかし、ヤスリでも取れない場合は、カビがついている部分を張り替えるしかないでしょう。
張り替えを自分でする場合、ホームセンターで材料を購入し、張り替えてくださいね。
自分でできない場合は、業者に依頼するのが1番です。