引っ越しの時に出る粗大ゴミってどうする? お得な処分方法を解説

引越の時に大量に出る粗大ゴミの処分に困ったことはありませんか?
いざ引越をしようと思ったら不要なものばっかり・・・あわてて処分しようと思ってもなかなか処分してくれる業者が見つからず、そのまま引越し先に持っていく羽目になったという人もいます。

粗大ゴミの処分・手配は早めに!
大きな家具や家電を処分する場合は特に手間がかかります。

ここでは粗大ゴミのおすすめ処分方法をご紹介しましょう。
今から引越しを考えている方はぜひ参考になさってください。

粗大ゴミが少ない場合

粗大ゴミがそれほど多くない場合は、自治体に粗大ゴミとして引き取ってもらうのが一番お得です。

自治体によって扱い方は違いますが、粗大ゴミシールや粗大ゴミ券を購入して貼り付け、指定の日に出しておけば引き取ってもらえます。

粗大ゴミとして処分する場合は、処分費用が安く済むのが一番のメリットです。
安いものは300円程度、高いものでも1000円~2000円程度で処分できます。

ただし、自治体に連絡してすぐに処分できるというわけではありません。
自治体によっては数か月に1回、1回に付き5点までなど、制限を設けているところもありますし、申し込みがいっぱいの場合は回収が数週間後になる場合も多いです。

粗大ゴミを出す場合はとにかく早めに手配するのが基本ですね。

また、家電リサイクル法に含まれているもの(冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビ)は粗大ゴミとして扱ってもらえませので注意しましょう。

粗大ゴミが多い場合

粗大ゴミが大量にある場合、自治体に引き取ってもらうのは非常に困難です。
点数制限がある自治体の場合は数か月前から少しずつ出す必要がありますし、何度もゴミ捨て場まで粗大ゴミを運ぶのはかなり手間がかかります。

そこでおすすめなのは不用品回収業者にまとめて引きとってもらうという方法です。

不用品回収業者にお願いするメリットは、電話をすれば自分の都合のいい日時に引き取りに来てもらえること。
そして、運び出す手間がないということです。

大量の粗大ゴミは運び出すだけでもかなりの重労働ですし、引越しの時は時間がないことの方が多いはずです。
1か月前にあわてて粗大ゴミを捨てる準備をしても、引越しまでに処分できない!なんていう事態も考えられます。

なるべく手間と時間をかけずに粗大ゴミを処分するなら、不用品回収業者が最も便利です。

まとめ

引っ越しの時の粗大ゴミを処分する方法をご紹介しました。

  • 粗大ゴミが少ない場合 → 早めに自治体に連絡して処理準備を
  • 粗大ゴミが多い場合 → 不用品回収業者に手配を

これがおすすめの方法です。
大きな家具や家電を運び出せないという方は不用品回収業者を利用すると便利です。
買取も同時に行っている業者なら、買い取れるものはお金に換えてくれるというメリットもあります。
時間のない引越しの時には、不用品回収業者を賢く利用してください。