ワンルームでも諦めないで! 収納を工夫して快適に暮らすためのコツ

「ワンルームだからどう頑張ってもものがあふれてしまう。のびのびと暮らすなんて不可能」とお嘆きの方はいませんか。たとえワンルーム暮らしでも、ちょっとした工夫で収納を活用すれば、快適に暮らすことは可能です。今回はワンルームに住んでいる方を対象に、収納を工夫して快適に暮らすためのコツをご紹介しましょう。

  1. ワンルームの整理に役立つ3つの収納グッズ
  2. 収納に役立つ、見落としがちなスペース
  3. ワンルームでも快適に暮らすコツ

1.ワンルームの整理に役立つ3つの収納グッズ

ワンルームの限られた収納を十分にいかすには、どんな収納グッズを使うかが重要なポイントになります。例として、3つの役立つ収納グッズをご紹介しましょう。どれも安価で手に入るものなので、たくさん使ってものをきれいに整頓するようにしてください。

1-1.小物整理に役立つファイルボックス

ファイルボックスとは、オフィスなどでよく見ることができる、書類を立てて入れておくための箱のことです。ファイルボックスという名前から、書類や本などを入れることだけに使われがちですが、実はほかの小物を入れておくのにも役立ちます。

たとえば、キッチンの引き出しにファイルボックスを敷き詰めると、はしやスプーン、フォークなどきれいに整理することが可能です。こうしたキッチン小物は、あらかじめ備え付けられている収納にいれると、どうしても空間が余ってしまいがちなもの。ファイルボックスを使えば、自分の好きなサイズのものを自由に用意することができるので、無駄な空間を作らずに済みます。お玉やフライ返しなどの調理器具のほか、お皿やフライパン、鍋といったものを立てて入れておくにも便利です。水平にしまう場合は重ねるしかなくなるため不便ですが、ファイルボックスを使うと縦に収納できるので出し入れも楽になります。

1-2.生もの、調味料を保存するのに便利な小びん

ワンルームで暮らしていると、食品の保存がお座なりになってしまいがちです。収納スペースが限られているため、どうしても生鮮食品の収納が優先になってしまい、調味料やソース、干物などの整頓まで手が回りません。「どこに行ったかわからない」という事態に陥ることも少なくないでしょう。

小分けにしておくと便利な調味料などは、小さなびんに入れて保存しておくと便利です。びんはある程度の硬さがあるため、重ねて保存しても大丈夫。使用頻度の少ないものをまとめて保存しておくにはうってつけです。

1-3.2本使うだけで収納を作り出せるつっぱり棒

つっぱり棒を収納に活用しているという方は少なくないでしょう。多くの方はつっぱり棒にフックを引っ掛けたり、2本重ねたつっぱり棒の上に、板を重ねたりするなどして収納に利用していると思います。

しかし、実はつっぱり棒はほかのものと組み合わせることなく、単体でも収納として使うことが可能です。やり方は簡単。つっぱり棒を2本、平行に並べ、上にものを置くだけです。このとき、2本の棒の間隔に注意してください。上に載せるものの形がしっかりしていて、2本の棒の上でちょうどバランスがとれていれば、ほかの収納を組み合わせることなく、ものをしまうことが可能です。まるでみこしのように、下から2本の棒だけで支えられているような状態になります。