汚部屋で暮らすとデメリットが多い? どんな影響があるの?

足の踏み場のないほどの散らかった部屋を、「お部屋」をもじって「汚部屋」と呼ぶそうです。
テレビや雑誌で、たびたび汚部屋の掃除を特集したりするので、見たことがある方も多いでしょう。
あれほど極端ではないにしても、人が呼べないほど散らかった部屋に住んでいる方は珍しくありません。
しかし、汚部屋にはさまざまなデメリットがあるのです。
そこで、今回は汚部屋のデメリットと改善方法をご紹介します。
家が汚くて何とかしたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. なぜ、家が汚部屋化するのか?
  2. 汚部屋のデメリットとは?
  3. おわりに

1.なぜ、家が汚部屋化するのか?

まず始めに、なぜ部屋が足の踏み場もないほど散らかってしまうのか、その原因をご説明します。
ごく普通の家が、ささいなことがきっかけで汚部屋になってしまうことも珍しくありません。

1-1.掃除をする時間がない

今は、結婚しても共働きが半ば当たり前になっています。
さらに、出産をしてからも仕事をやめない女性も珍しくありません。
仕事と家事と育児をすべてこなそうとすれば、時間はいくらあっても足りないでしょう。
今は、家事代行サービスなどもありますが、まだまだ利用者は少ないです。
手を抜けるところから抜いた結果、掃除がおろそかになり汚部屋になってしまったというケースも多いでしょう。

1-2.ゴミの分別に対応できなくなった

自治体のゴミ回収のルールは、年々厳しくなる一方です。
中には、ひとつのゴミを何種類かに分解しなければならないものもあるでしょう。
また、回収日が月に数回しかないものもあります。
さらに、家電リサイクル法の対象家電やパソコンは自治体では回収してくれません。
自分で所定の手続きをしなくては処分できないのです。
これらにうまく対応できないと、やがてゴミを出すこと自体ができなくなります。
特に、高齢者になるほど新しいルールに対応できにくい人が多いのです。

1-3.もともと片付けが苦手だった

片付けも得意な人と苦手な人がいます。
女性は男性よりも片付け上手というイメージがありますが、決してそうではありません。
男性でも片付けが得意な人はいますし、女性でも片付けが苦手な人も多いのです。
片付けが苦手な人の家は、時間がたつほど汚部屋化していく傾向にあります。
特に、片付けが苦手な人同士が結婚したり、子どもを持ったりすると汚部屋化が進みやすいのです。

1-4.無気力になった

親しい人の死や、過労など精神力や体力の限界を超えると、人は無気力になりやすいです。
食べて寝るだけで精一杯で、掃除をする余裕などありません。
無気力状態が長く続くと、病院で適切な治療を受ける必要があります。
しかし、なかなか受診に結びつかない人もいるのです。
無気力状態が長く続くと、部屋は汚部屋になりやすいでしょう。