タンスの臭いの原因は?3つの簡単な臭いの取り方

タンスに入れた服の臭いが気になりますか。不快な臭いだと1日いやな思いになり、人の反応も気になるでしょう。タンスの臭いには原因があり、対処方法も簡単です。どうすれば、タンスの臭いをなくすために、臭いの取り方の秘けつをご紹介します。

  1. タンスの臭いの原因
  2. タンスの臭いの取り方
  3. 服にうつった臭いの取り方

1.タンスの臭いの原因

1-1.もともとのタンスの臭い

タンスの臭いは、素材も原因のひとつです。新しいタンスなら、強い木の臭いがします。木の臭いは自然のものです。放っておけば臭いもやがてなくなります。やっかいなのは、臭いの原因が接着剤や防腐剤、防虫剤のときです。量販型のタンスでは、接続部分は組み木ではなく、接着剤を使います。接着剤の臭いは、場合によっては、ハウスシックの原因にもなるため注意が必要です。また、海外から輸入したタンスは、白アリなどの防虫対策のために材質そのものを防虫剤や防腐剤にひたすこともあります。体への影響にも注意しましょう。

1-2.カビも臭いの原因になる

カビもタンスに染みつく臭いの原因です。しっかり乾かしたと思っても、繊維の中に湿気が残っています。そのままタンスに入れるとカビがタンスの中で増えるのです。ですから、服はしっかりと乾かしてからタンスに入れましょう。梅雨の時期には特に注意してください。時折、タンスの引き出しを開けて、換気しましょう。雨が多い時期は乾燥機を使うのもよい方法です。

1-3.防虫剤にも注意しよう

防虫剤の種類にも気をつけてください。最近の防虫剤は無臭タイプが多いですが、種類の異なる防虫剤を使うなら、化学反応を起こすケースもあります。また、もらった服に防虫剤の強い臭いが染みついていることもあるでしょう。一緒にタンスにしまうと、ほかの服に臭いがうつるため注意してください。防虫剤は、無臭タイプを1種類だけ使いましょう。

2.タンスの臭いの取り方

2-1.重曹を活用しよう

重曹の活用は、古くからある防臭方法です。重曹をシートにくるみ、タンスに入れましょう。開き戸のクローゼットタイプなら、コップに入れて和紙でフタをしてください。自作の防臭剤になります。タンスの中を重曹を含んだぞうきんで拭くのもよいでしょう。しっかりとタンスが乾燥するまで、服を入れてはいけません。また、服は直接引き出しに入れるのではなく、タンス用シートを敷いてください。タンスに入れる服の量にも気をつけましょう。服を入れすぎると通気が悪く、カビの原因になります。

2-2.石鹼(せっけん)の効果

石鹼(せっけん)をタンスの中に入れておくのも効果的です。石鹼(せっけん)の臭いが、タンスのいやな臭いを追いやります。重曹の石鹼(せっけん)なら、さらに効果が期待できるでしょう。香料を多く含んだ石鹼(せっけん)はおすすめできません。人工的な香料は、そのときはよいと思えますが、ほかの臭いと混ざって不快な臭いになるケースもあります。また、タンスの臭いが強いなら、漂白剤で拭くのも方法です。その場合、引き出しを取り出し、150倍ほどに薄めた漂白剤で拭いてください。その後、タンスを天日にさらします。長い時間、直射日光にさらすと木材が変形する場合もあるので注意しましょう。

2-3.その他のタンスの臭いをとる方法

新聞紙をタンスに敷くのもおすすめです。湿気の吸収効果もあり、臭いも中和されます。新聞紙は定期的に交換しましょう。また、湿気を含んだ新聞紙を敷かないように注意してください。アロマオイルをたらしたポプリや布を新聞や和紙にくるむのもおすすめです。備長炭を服に直接つかないように置くのもよいでしょう。防臭剤に頼るより、自然の力で防臭するなら、健康面でも安心です。もし、タンスの臭いが強く、体に影響があるなら、すぐにタンスは買い替えましょう。不用品回収業者に連絡をして、回収してもらうのが便利です。その際に、タンスが不要になった理由を伝えてください。事情によっては、再利用が可能との判断で、買い取りとなるケースも期待できます。

3.服にうつった臭いの取り方

3-1.もう1回洗い直す

まずは、タンスの臭いをしっかりとりましょう。タンスの臭いがとれるまでは、簡易のハンガースタンドなどを用いて、服を保管してください。また、タンスの臭いがついた服は、もう1回水洗いをしましょう。すすぎの後半でアロマオイルを2滴か3滴たらしてください。天日干しにする場合は、レモンなどの柑橘系のアロマオイルは避けましょう。シミになる危険があります。また、服によっては天日では色があせるため、陰干しが必要です。しかし、短くても天日干しにするなら、消臭効果を期待できます。

3-2.集中的に消臭する

臭いが強く染みついたなら、集中的な消臭が必要です。大きめの袋に服を入れ、重曹、石鹼(せっけん)、コーヒーのこしがらなどを、1回にひとつずつ一緒に入れておきましょう。そのまま、2日ほど放置します。その後、もう一度服を洗い、天日干しにしましょう。臭いがまだ気になるなら、同じ順序を繰り返してください。時間はかかりますが、しっかりと消臭できます。消臭剤のスプレーや柔軟剤を多めに入れるなどの方法もありますが、化学香料は体に拒否反応がでる危険もあるため注意してください。

3-3.タンスの臭いが変わらないなら

タンスの臭いがどうしても変わらないなら、タンスを買い替える必要があります。古いタンスや長く使っていなかったタンスなら、カビの臭いもとれません。タンスの買い替え時期であると判断しましょう。タンスの処分は、不用品回収業者への依頼がおすすめです。自分でタンスを運び出すのも大変ですから、自宅までとりに来てもらうのはとても助かります。

まとめ

いかがでしたか?タンスの臭いの原因には、接着剤、カビなどがあります。重曹や石鹼(せっけん)、新聞紙など手頃なもので消臭するのがおすすめです。梅雨の時期はカビが生えやすいため、定期的にタンスの引き出しを開けておきましょう。服に染みついた臭いは、できるだけ自然の力で消臭してください。どうしても、臭いがとれないはあきらめて処分しましょう。タンスを含め、不用品はまとめて不用品回収業者へ依頼するのがお得です。買い取りが可能なものがあれば、思わぬ収入にもなります。