タンスの臭いの原因は?3つの簡単な臭いの取り方

タンスに入れた服の臭いが気になりますか。不快な臭いだと1日いやな思いになり、人の反応も気になるでしょう。タンスの臭いには原因があり、対処方法も簡単です。どうすれば、タンスの臭いをなくすために、臭いの取り方の秘けつをご紹介します。

  1. タンスの臭いの原因
  2. タンスの臭いの取り方
  3. 服にうつった臭いの取り方

1.タンスの臭いの原因

1-1.もともとのタンスの臭い

タンスの臭いは、素材も原因のひとつです。新しいタンスなら、強い木の臭いがします。木の臭いは自然のものです。放っておけば臭いもやがてなくなります。やっかいなのは、臭いの原因が接着剤や防腐剤、防虫剤のときです。量販型のタンスでは、接続部分は組み木ではなく、接着剤を使います。接着剤の臭いは、場合によっては、ハウスシックの原因にもなるため注意が必要です。また、海外から輸入したタンスは、白アリなどの防虫対策のために材質そのものを防虫剤や防腐剤にひたすこともあります。体への影響にも注意しましょう。

1-2.カビも臭いの原因になる

カビもタンスに染みつく臭いの原因です。しっかり乾かしたと思っても、繊維の中に湿気が残っています。そのままタンスに入れるとカビがタンスの中で増えるのです。ですから、服はしっかりと乾かしてからタンスに入れましょう。梅雨の時期には特に注意してください。時折、タンスの引き出しを開けて、換気しましょう。雨が多い時期は乾燥機を使うのもよい方法です。

1-3.防虫剤にも注意しよう

防虫剤の種類にも気をつけてください。最近の防虫剤は無臭タイプが多いですが、種類の異なる防虫剤を使うなら、化学反応を起こすケースもあります。また、もらった服に防虫剤の強い臭いが染みついていることもあるでしょう。一緒にタンスにしまうと、ほかの服に臭いがうつるため注意してください。防虫剤は、無臭タイプを1種類だけ使いましょう。