木製テーブルのしみの取り方を知りたい人必見!コツと注意点を伝授!

木製テーブルに不注意でしみを付けてしまったとき、適切な取り方を知っていると安心です。
今回は、木製テーブルのしみの取り方について、コツや注意点を解説していきましょう。

  1. 木製テーブルのしみの取り方
  2. しみを取るときにやってはいけないこと
  3. 木製テーブルのしみを防ぐアイデア
  4. まとめ

木製テーブルのしみの取り方を知りたい人は、ぜひこの記事を読んでくださいね。

1.木製テーブルのしみの取り方

木​製テーブルに付いたしみも、適切な方法を行うことで取ることができます。
大切な木製テーブルのしみを取る方法を、ご紹介しましょう。

1-1.熱によるしみはスチームアイロンで取る

木製テーブルに熱によるしみが付いた場合は、スチームアイロンで取ることができます。
しみのある部分をきれいな布で覆(おお)い、上からスチームアイロンをかけましょう。
すると、木製テーブルに付いたしみを取ることができます。
熱による白いしみができた場合は、スチームアイロンを使う方法を試してみてくださいね。
なお、スチームアイロンを直接しみに向けて使うことは避けましょう。
スチームが特定のポイントに集中して、新たなしみの原因になる可能性があります。
必ず、しみの部分をきれいな布で覆(おお)うことを忘れないでください。

1-2.マヨネーズを使ってしみを取る

なんと、マヨネーズを使ってしみを取る方法も。
マヨネーズの成分である酢と油が、しみを取るときに大きな効果があるためです。
木製テーブルのしみの部分にマヨネーズを塗り込んで、1時間ほど放置しましょう。
その後、水に濡(ぬ)らして固くしぼった布でマヨネーズを拭(ふ)き取ります。
すると、しみが目立たなくなっていることを確認できるでしょう。

1-3.カレーのしみを取る方法

木製のテーブルにカレーのしみを付けてしまった場合は、スチームアイロンやマヨネーズを使っても落ちにくい可能性が高いでしょう。
ただし、カレーのしみも目立たなくすることは可能なのであきらめないでください。
カレーの色素は、日光に当てると薄くなります。
窓の近くなど、日光が当たる場所に木製テーブルを移動してみましょう。
晴れた日の直射日光は強過ぎるので、窓ガラス越しやカーテン越しで日光を当ててみてくださいね。