ブラインドを簡単に掃除する方法とは?身近にある道具を使えば簡単!

カーテンの代わりに窓から入る日差しを調節するブラインド。
カーテンよりも微妙に日光を調整できるので、愛用している方も多いでしょう。
しかし、ブラインドは掃除が面倒でもあります。
特に、1枚1枚のすきまにたまったほこりを掃除するのは大変です。
そこで、今回はブラインドの掃除が簡単にできる方法をご紹介しましょう。
100円ショップに専門のグッズも販売されていますが、家にあるものを使っても簡単に掃除ができます。
ブラインドの掃除に手間取っている方は必見ですよ。

  1. ブラインドにはなぜほこりがたまりやすいの?
  2. ブラインドの掃除を簡単に行う方法
  3. 木製、紙製のブラインドを掃除する際の注意点
  4. ブラインドにほこりをためない工夫
  5. おわりに

1.ブラインドにはなぜほこりがたまりやすいの?

ブラインドは木製、紙製、プラスチック製のものがあります。
その中でも、最も普及しているのがプラスチック製のものでしょう。
オフィスや学校の窓には、白いプラスチック製のブラインドが標準装備されているところも少なくありません。
さて、プラスチックは木や紙よりも静電気を帯びやすいという性質があります。
また、室内は夏でも空調によって温度や湿度が低めにたもたれていることも多いでしょう。
そのため、一年を通して静電気が発生しやすい環境にあります。
静電気が発生すれば、ほこりやちりが吸い寄せられるでしょう。
また、普段の掃除は細かい部分ほど見逃しやすいのです。
さらに、「白」はほこりが目立ちにくい色でもあります。
そのため、ふと目を留めたら、ブラインドのすきまにほこりがびっしり、ということになりやすいのです。