ソファー汚れの落とし方について~ソファーをキレイにするポイント~

ソファーにねそべってテレビを見る、本を読むなどさまざまな使い方をしている人は多いでしょう。毎日使えば使うほど、汚れが目立ってしまいます。布、革、合皮などソファーのつくりはさまざまです。

そこで、ソファーについた汚れの落とし方を生地別に紹介します。また、汚れの落とし方だけでなく、未然に汚れを防ぐポイントやソファーの買い替え時期、処分方法についてもチェックしていきましょう。ソファーをキレイにする方法を知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

  1. ソファー汚れの落とし方
  2. ソファー汚れを防ぐポイント
  3. ソファーの買い替え時期と処分方法
  4. まとめ

1.ソファー汚れの落とし方

布や革、合皮などさまざまな素材でソファーができています。汚れを落とすには、素材に合った落とし方がポイントです。そこで、生地別にソファー汚れの落とし方をご紹介します。

1‐1.布製ソファーの場合

布製のソファーはあっという間に汚れてしまいます。人間の皮膚から出る汗や衣類についた汚れがソファーに移ってしまうでしょう。布張りソファーの掃除方法はとても簡単です。汚れがついている部分は毛先のやわらかいブラシなどで軽くこすりましょう。ゴシゴシ強い力でこすると傷んでしまうので注意してください。ある程度汚れが落ちたら掃除機で細かいホコリを取りのぞきましょう。そして、お湯にひたしたタオルで軽くふいていきます。

血などしつこい汚れの場合は中性洗剤をつけてふいていけばOKです。エタノールや重層でも落とすことができるので、ぜひ試してみてください。ただし、ソファーに洗剤や重層が残らないよう布でふき取ることが大切です。

1‐2.革製ソファーの場合

革張りの場合、汚れの落とし方で悩んでしまいます。水ふきをしても良いのか、それとも特別な方法で落とさなければならないのか困るでしょう。布の種類によって異なりますが、基本は水ふきでOKです。革張りソファーの表面についている汚れを水ふきで落としていきましょう。水ふきをした後は必ず乾(から)ぶきをしてくださいね。水気が残ったままでは革が傷んでしまいます。

水ふきで落とすことができなかった汚れは、中性洗剤やエタノールを利用してください。綿棒に液をつけて軽く湿布していきましょう。スチームなど専用機器を利用する人もいますが、こまめにお手入れをしていけば専用機器を使う必要はありません。革製ソファーは特に、日々のお手入れが大切になります。

1‐3.合皮ソファーの場合

ソファーの中でも人気が高い「合皮ソファー」は、汚れがつきにくい特徴を持っています。しかし、汚れがつきにくいと言っても、ホワイト系の合皮ソファーは汚れが目立つでしょう。定期的に掃除をしなければ汚れるのは当たり前です。合皮ソファーについた汚れの落とし方は、洗濯用洗剤でできます。

液体タイプの洗濯用洗剤を水で薄めた後、雑巾をつけてソファー全体をこすってください。全体ではなく部分で汚れている場合はキッチンペーパーを使うと良いでしょう。キッチンペーパーを液体につけた後、数分間だけ合皮ソファーにひたしてください。しっかりひたした後は、きちんと水ふきをして洗剤を取りのぞきます。後は完全に乾くまで待つだけです。洗濯用洗剤で落ちない場合は重層水を使うと良いでしょう。