デッドスペースを収納スペースに変える4つのアイデア

「わが家にもう少し収納スペースがあったら」と思っている方は多いでしょう。しかし、家の中には意外とデッドスペースがあります。ここを収納スペースに利用できれば便利ですよね。

そこで、今回はデッドスペースを利用した収納のアイデアをご紹介します。デッドスペースが生まれやすい場所もご一緒に紹介しますので、この記事を読んで家の中を確認してみてください。道具を工夫すれば、壁や柱などを傷つけずに収納スペースを作れるでしょう。

  1. デッドスペースが生まれやすい場所とは?
  2. デッドスペースを収納スペースにする方法とは?
  3. デッドスペースを収納場所にする際の注意点
  4. おわりに

1.デッドスペースが生まれやすい場所とは?

まず始めに、家の中でデッドスペースが生まれやすい場所をご紹介します。思わぬところに、むだな空間が生まれるのです。

1-1.広い収納スペースのすきま

押し入れやクローゼットなど、広い収納スペースはデッドスペースが生まれやすいです。広い収納スペースは、一見するとたくさんものが入りそうに思えます。しかし、適当にものを入れていくと必ずデッドスペースが生まれるのです。広い収納スペースにものを入れる際は、プラスチックの衣装ケースやつっぱり棒などを活用しましょう。

1-2.狭い収納スペースの上部

では、狭い収納スペースならデッドスペースは生まれないのでしょうか? いいえ、狭い収納スペースでもデッドスペースは生まれます。特に手の届きにくい上部にむだな空間ができやすいでしょう。収納スペースが少ない家ならば、もったいないですよね。このような場所も、むだなく利用できるように工夫しましょう。

1-3.大型家具や家電と壁のすきま

大きな家具や家電は、家の中である程度置き場所が決まっています。特に冷蔵庫や洗濯機は、置き場所が作られている家も多いでしょう。しかし、家具や家電はものによって大きさが微妙に違います。そのため、壁との間にすきまができる場合も多いでしょう。このすきまも工夫すれば収納スペースになります。

1-4.壁や扉

壁や扉も、広い面積がむだになっているという点ではデッドスペースです。ここもちょっとした道具を取りつければ、収納スペースになるでしょう。「ここに収納スペースが欲しい」という場合に便利です。