調味料をすっきり収納! キッチンを整理するためのアイデア

キッチンはこまごまとしたアイテムが多く、片付けてもすぐに散らかってしまうことも多いでしょう。特に、砂糖や塩、スパイスなどの調味料は棚の中で行方不明になりやすいです。

そこで、今回は調味料を使いやすく収納するアイデアをご紹介します。調味料を収納するアイテムはたくさん発売されていますが、どのようなものが使いやすいのでしょうか?
また、使いかけの調味料が増えないアイデアもご紹介しましょう。キッチンにある調味料をすっきり片付けたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 調味料はなぜ片付けにくいのか?
  2. 出し入れしやすい調味料の収納アイデアとは?
  3. 調味料を必要以上に増やさないためには?
  4. おわりに

1.調味料はなぜ片付けにくいのか?

収納アイデアをご紹介する前に、まずは調味料が片付きにくい理由をご説明します。
調味料の数が多いご家庭ほど、お心当たりがあることが多いのではないでしょうか?

1-1.パッケージの形がいろいろある

調味料は大きく分けて液体と固体があります。液体はしょうゆや酒、みりんなど。
固体は塩や砂糖などの粉末。さらにみそやペースト状の調味料などがあります。ですから、パッケージの形がバラエティーに富んでいて、一か所に置きにくいのです。

さらに、調味料はパッケージの大きさもバラバラ。しょうゆのペットボトルとスパイスの小瓶(こびん)では、大きさがかなり違います。これもまた、片付けにくい理由なのです。

1-2.使う頻度もバラバラ

調味料は、ものによって使う頻度がかなり異なります。塩や砂糖、しょうゆは1日何度も使うことが多いでしょう。その一方で、1年に1度使うかどうかというスパイスもあると思います。このように、使う頻度が極端に違うものがあると、置き場所に迷いやすいのです。

1-3.キッチンの収納スペースが大きすぎる

キッチンの収納スペースというのは、ひとつひとつが割と大きめです。中には、スパイスラックが付いているものもありますが、ほとんどが調理器具や食器を入れるのに適したサイズになっています。ですから、パッケージのままで調味料を入れると、たっぷり入る分取り出しにくいことが多いでしょう。ですから、収納方法を工夫する必要があります。