室内のデッドスペースを便利な収納に変えるアイデア

「デッドスペース」という言葉を知っていますか。無駄になっている空間、有効に利用できていない場所のことです。気がついていないかもしれませんが、家の中にはデッドスペースがたくさんあります。

デッドスペースの使い方を見なおして、有効に利用できる収納スペースに変えてみましょう。狭い部屋でもゆとりのある空間が生まれ、日々の生活が便利になるはずです。

  1. デッドスペースの収納に利用できる便利グッズ
  2. 室内でデッドスペースになりがちな場所
  3. 「収納の中にあるデッドスペース」を活用するアイデア

1.デッドスペースの収納に利用できる便利グッズ

デッドスペースを収納に変えるためには、道具を使う必要があります。道具を買うのに費用がかさんでしまっては、新しい家具を買っているのと大差ありません。まずはデッドスペースを収納変えるための3つの道具と、うまく利用するアイデアをご紹介しましょう。

1-1.つっぱり棒

デッドスペースの活用を考えていなくとも、つっぱり棒を収納に利用している方は少なくないでしょう。つっぱり棒とは伸縮自在の棒のことで、両端を壁となる面に「つっぱる」ことで金具などの固定なしに収納に活用できる「足場」を得ることができます。

最も簡単な使い方は、つっぱり棒にフックを取り付け、さまざまなものを引っ掛けて使うことです。また、もともと引っ掛ける部分がついているものは、フックなしでもつっぱり棒を収納として利用できます。

つっぱり棒を賢く使う方法は、ほかの収納と組み合わせることです。2本平行に通したつっぱり棒の上にものを置くのもいいでしょう。また、2本のつっぱり棒の間に板を取り付ければ、棚として使うこともできます。

1-2.ワイヤーメッシュ

つっぱり棒が「足場」としての役割を果たすとしたら「棚」あるいは「壁」としての役割を果たすのがワイヤーメッシュです。ワイヤーメッシュとは、ワイヤーが格子状に編まれたもの。最も簡単な使い方は、壁面に取り付けてフックなどを取り付け、ものを引っ掛ける収納として使う方法でしょう。つっぱり棒とは違い、ワイヤーの格子は複数あるので、細かいものを引っ掛けるのに向いています。

もうひとつは、板としての使い方です。つっぱり棒の間に渡す板として、ワイヤーメッシュはまさにうってつけだといえるでしょう。格子状になっているため、ものを乗せても安定しやすく、完全な板ではないので下から見上げても何が乗っているか確認しやすくなります。

1-3.スノコ

ワイヤーメッシュでは、重いものを収納する際、耐久力に不安が生じる場合も少なくありません。そのような場合は、代わりにスノコを用いるのがおすすめです。

スノコというと、一般的には脱衣所などの敷物として使われていますが、実は収納にも向いています。ワイヤーメッシュと同じく、板として使うことはもちろん、複数のスノコを組み合わせて簡単な収納棚を作ることも可能です。