室内のデッドスペースを便利な収納に変えるアイデア

「デッドスペース」という言葉を知っていますか。無駄になっている空間、有効に利用できていない場所のことです。気がついていないかもしれませんが、家の中にはデッドスペースがたくさんあります。

デッドスペースの使い方を見なおして、有効に利用できる収納スペースに変えてみましょう。狭い部屋でもゆとりのある空間が生まれ、日々の生活が便利になるはずです。