壁紙の汚れ落としに苦労する方必見! 素人でもできる方法をお教えします。

タバコのヤニ、手垢、お子さんの落書き・・・。暮らしが長くなるのに比例するように、お部屋の壁紙(クロス)の汚れもひどくなってきます。お掃除のときに、壁紙の汚れが落ちず、苦労している奥様は多いでしょう。そんな方に、上手に汚れを落とす方法をお教えします。ぜひ、トライしてください。

  1. 壁紙と汚れの種類
  2. 壁紙汚れの落とし方
  3. 壁紙洗剤活用の注意点
  4. まとめ

1.壁紙と汚れの種類

気が付かないうちに、次第に汚れが進んでしまうのが壁紙です。うまく落とすには、まず壁紙と汚れの種類を知っておくこと。これが基本になります。

1-1.壁紙の種類

壁紙というくらいですから、紙を使っている当然。でも、現在使われている壁紙は、壁に貼る仕上げ材の総称です。どんな素材で、どんな種類の壁紙があるのでしょうか。主なものを紹介します。

紙を使った壁紙

最もオーソドックス、かつ人気が高くて普及している壁紙です。ただし、汚れが付着すると取れにくいため、汚れが付着しないように普段から注意が必要になります。はっ水加工してある壁紙もありますが、基本的にはシミのもとになるので、水拭きはダメです。
もしもついたらどうすればいいのでしょうか。手垢や小さな汚れだったら、やわらかい消しゴムで落ちることもありますが、目立たないところで試してからやるのが賢明です。液体の場合、ついてすぐだったら、乾いた布かティッシュペーパーなどで吸い取るといいでしょう。

ビニール壁紙

他の壁紙に比べて、水や埃汚れに強く、拭き取りやすいのが特徴です。台所など、水回りで使われています。汚れがついたときは、薄めた中性洗剤をスポンジやタオルに含ませて、固く絞った状態で拭き取りると、汚れを落とすことが可能。しかし、ジョイント部に水が入ると、剥がれの原因になることがあります。注意が必要です。

珪藻(けいそう)土

植物性プランクトンがたい積してできた土を使った壁紙です。自然素材の塗り壁で、和室によく使われています。メリットは、湿度調節や耐火性の高さ。半面、掃除はしにくくなります。汚れが付着すると取れにくいため、付着しない配慮が必要です。汚れがついたときには、水拭きは避けて固く絞ったタオルを使うといいでしょう。汚れをたたくように落としてください。埃がついたら、市販の粘着ローラーを軽くかけるといいでしょう。強くローラーかけると土の粒が取れることがあるので細心の注意が必要になります。

織物壁紙

レーヨンを中心に合成繊維や綿・麻などの混紡糸を使用した壁紙です。織物ならではの高級感と暖かみがあります。通気性がよく吸音効果と調温性に優れているのも特徴です。
汚れ落としは、部分的に消しゴムで軽くこするか、固く絞った布でたたく程度。基本的に水拭きはできません。もしも、大きなシミができてしまった場合、シミ抜きが必要です。

1-2.汚れの種類

汚れの種類もさまざまです。ご家庭で壁紙に付着する汚れは、以下のようなものがあります。

  • 手垢が原因の汚れ
  • 喫煙によるヤニの付着が原因の黄ばみ
  • お子さんの落書きによる汚れ(マジックやクレヨン、絵の具、鉛筆)
  • 台所なら油汚れ
  • 窓のそばのカビ汚れ

汚れを上手に落とす際に重要なのは、汚れの種類や原因を把握すること。ヤニによる汚れか、油汚れなか、カビによる汚れなのかによって、使う洗剤や落とし方は変わってくるからです。
汚れがよくわからない場合は、デジタルカメラなどで撮影し、パソコンに取り込ん拡大して見るといいでしょう。