子供部屋をすっきり片付ける収納アイデアとは!?

「子供部屋が何度片付けても散らかってしまう」と悩んでいる方は、少なくないでしょう。子供が複数いれば、余計に部屋は散かりやすくなります。ではなぜ、子供部屋は片付きにくいのでしょうか?

そこで、今回は子供部屋の収納アイデアをご紹介します。収納アイデアはいろいろありますが、子供部屋を片付けるアイデアには共通点があるのです。それが分かれば、子供部屋は一気に片付くでしょう。子供部屋が散らかって困っているという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 子供部屋を散らかすものの正体とは?
  2. なぜ、子供は片付けが苦手なの?
  3. 子供部屋の収納アイデアとは?
  4. おわりに

1.子供部屋を散らかすものの正体とは?

まず始めに、子供部屋を散らかすものの正体をご説明しましょう。いったい何が散らかってしまうのでしょうか?

1-1.おもちゃ

子供部屋を最も散らかすものは、やはりおもちゃです。次から次へと引っ張り出して遊べば、部屋はあっという間に散らかってしまうでしょう。また、祖父母が次から次へとおもちゃを買ってくるという家も少なくありません。そのようなご家庭ではおもちゃの整理も一苦労、ということが多いと思います。

1-2.服

子供の服はすぐにサイズアウトします。ですから、シーズンごとに新しい服が必要でしょう。
サイズアウトしてしまった服とまだ着られる服が、タンスの中でごちゃごちゃになってしまうことも珍しくありません。また、制服や体操着が部屋に散らばっているというご家庭もあるでしょう。子供が多いほど、服の量も増えていきます。

1-3.学用品

ランドセルや文房具、学習教材といった学用品も部屋を散らかすもののひとつです。特に、塾へ行くとプリント教材や参考書が増えていくでしょう。さらに、長期休みのときには学校から学用品を持ち帰えるので余計に部屋が散らかりやすくなるのです。また、習い事の道具も学用品の一種。収納場所に頭を痛めている方も多いのではないでしょうか?