正しい部屋の整理整頓術とは? こうすれば二度と散らかりません!!

「部屋の整理整頓を頑張っているけれど、いまひとつうまくいかない」と悩んでいる方は意外と多いでしょう。整理整頓は単に部屋を片付ければよいというわけではありません。

そこで今回は、整理整頓方法や取り出しやすい収納のやり方をご紹介します。インターネットを検索するとたくさんの整理整頓術が見つかりますが、それを形だけマネしてもダメなのです。整理整頓がどうしてもうまくいかないという方は、この記事を読んで整理整頓のヒントをつかんでみてください。

目次

  1. 整理整頓とはどういうことか?
  2. 本当に部屋がすっきりと片付く整理整頓の手順とは?
  3. きれいになった部屋のキープの仕方
  4. おわりに

1.整理整頓とはどういうことか?

まず始めに、本当の整理整頓の本質をご紹介します。単に見た目をきれいにすることが、整理整頓ではありません。

1-1.整理とは?

整理整頓の整理とは、「もの」を選別することです。整理整頓がうまくいかない方は、散らかっているものをとりあえず空いている収納スペースに押し込んでいませんか?それは本当の整理整頓ではありません。散らかっているものは、まず「いるもの」と「いらないもの:に分けましょう。整理整頓はそこからスタートします。

1-2.整頓とは?

整頓とは、ものを使いやすい位置に配置することです。毎日使うものはすぐ取りやすいところに置くだけでも、部屋が散らかりにくくなるでしょう。これが上手にできるようになると「見せる収納」や「センスのよいインテリア」が可能になります。しかし、まずはものの住所を決めて、取り出しやすい配置を考えましょう。

1-3.整理整頓術は形だけまねてもダメ

世の中にはたくさんの整理整頓術があります。インターネットを検索するだけで、いろいろな整理整頓のアイデアがヒットするでしょう。また、「これさえあれば部屋がすっきりと片付く」と銘打たれた収納グッズも多いです。しかし、このような収納グッズをやみくもに使っても、整理整頓のアイデアを形だけ真似てもうまくいきません。

重要なのは、整理整頓アイデアや収納グッズで何をすっきりと片付けるかということです。「とりあえず床に散らばっているものを、何でも収納グッズに押し込んでおこう」という考え方では、いつまでも部屋は乱雑なままでしょう。