布団に生えたカビはどう対処する?簡単な取り方のポイント

布団のカビに悩まされていませんか? 布団は、1日の疲れを取るための睡眠に欠かせないものです。1日で最もリラックスできる場所と言っても過言ではないでしょう。私たち人間は毎日必ず布団で横になり、睡眠を取るわけですが、寝てる間に実はたくさん汗をかいているのです。そのため、朝起きたときに布団はかなり汗を含み湿気(しけ)ている状態となっています。

このような湿気がたまっていくと、布団の裏側にカビが生えてしまう可能性も高くなるのです。裏側とはいえ、黒いカビのシミができていると見栄えも悪いですし、健康面でも気になりますね。そこで、この記事では布団についたカビの取り方をご紹介していきましょう。布団のカビに悩まされている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

  1. 布団のカビ、取り方のポイントは?
  2. 布団にカビが生える原因は?
  3. 布団にカビが生えないようにするには?

1.布団のカビ、取り方のポイントは?

布団の裏側を見てみると、黒いポツポツとしたシミがある…。そんな状態に陥っていませんか? この黒い小さなシミは、カビです。このようなカビのシミは、1つできるとどんどん広がってしまいます。布団の全体に広がってしまう前に、適切なカビの取り方を覚えて落としてしまいましょう。

1-1.布団のカビを落とすために準備するもの

布団のカビを落とすには、次のものが必要となります。

  • 重曹スプレー(重曹を水に溶かしたもの)
  • エタノール
  • 歯ブラシ
  • ティッシュペーパー

以上のものを用意したら、次の手順でカビを落としていきましょう。まず、カビが生えているところに重曹スプレーをかけます。そのまま3分間放置しましょう。3分たったら、カビの部分を歯ブラシでこすっていきます。十分にこすったら、ティッシュペーパーを丸めて、布団に押し付けるようにしながら水気を取ってください。

次に、エタノールを十分にかけたティッシュをカビのあった部分に当てて3分放置します。その後、外に干すなどして濡(ぬ)れている部分を乾燥させたらOKです。布地に生えてしまったカビを落とすには、漂白剤を利用するのが便利ですが、布団だと簡単に漂白剤を使用することができませんね。しかし、重曹スプレーとエタノールを使えば、漂白剤を使わずにカビを落とすことができるのです。

1-2.布団のカビがどうしても落ちない…そんなときは?

重曹スプレーとエタノールを使えば、布団にできたカビのシミを消すことができなかったとしても、カビ自体の滅菌はできているので安心です。しかし、黒いポツポツとしたシミが残ったままになるのは嫌だ…という人もいるでしょう。

重曹スプレーを使ってみても取れないカビのシミは、クリーニングなど専門の業者にお願いして取るのが一番です。どうしても取れないカビのシミに悩まされている人は、その布団をクリーニングに出すと良いでしょう。