子供部屋を自主的に片付けさせる4つの裏知識! 今日からできる収納術

子供部屋の片付けがどうしてもうまくいかないという方も多いでしょう。散らかした子供の代わりに片付けるのも、なんだか教育できていない気がして将来不安ですよね。つい子供をしかってしまう気持ちも分かります。
ですが、接し方を変えるだけで、子供が自主的に片付けるとしたらどうでしょうか?
ほんの少し収納のやり方を変えるだけで、モノがきれいに収まるとしたら?
今回は子供部屋の片付けにかんする情報を徹底解説します。数分で読破可能ですので、ぜひ最後までお付き合いください。

  1. 子供部屋を片付ける悩みの種って?
  2. 子供がモノを整理する方法
  3. 片付けられる子供になってもらうためには?
  4. 片付けられる空間作りの重要性
  5. 子供部屋の片付け便利グッズ
  6. 子供部屋の片付けにかかわるよくある質問
  7. まとめ

最後まで記事を読むことで、子供部屋を効率よく片付ける方法が分かります。片付けが苦手な人にも分かりやすくまとめていきますので、順を追って見ていきましょう。

1.子供部屋を片付ける悩みの種って?

子供部屋の片付けで悩んでいる方は、インターネットを見るだけでも非常に多いことが分かります。一体なぜ思うように片付けができないのでしょうか?

1-1.モノが多い

子供部屋の片付けが滞る理由の1つに、モノの多さが挙げられます。
子供部屋には、気付くと買った記憶のないモノがあることも多いでしょう。子供は友だちとおもちゃのパーツを交換したり、お菓子の付録をこまごまと集めていたりするものです。大人からすると「これ何?」という首をひねるモノも、子供からしたら立派な宝物となります。
子供は新しいモノに興味が尽きません。
恐竜の人形1つで、倒すべき相手が無数に増えていきます。子供は自分のモノに囲まれているので気に留(と)めませんが、はたから見ると床の踏み場がないこともあるでしょう。

1-2.子供特有の片付かないモノとは

どこに戻したら良いのか、子供部屋を一見して分からないモノは、子供が片付けにくいと覚えておいてください。おもちゃは箱や収納先がないと遊んだまま放置してしまいますし、読み終わった本を戻す棚がなければ、取りあえずそこに置いておきます。
困るのが勉強道具で、鉛筆や消しゴムをはじめ、シャーペン・ボールペン・分度器・定規・コンパス・シャーペンの替え芯など、子供が持っている勉強道具は想像以上に多いです。

1-3.子供部屋が片付かないことのデメリット

子供は無意識のうちにモノを避けて手や足を動かす癖が付くため、余計なことに頭を常時使っていることになり、集中力が続きません。子供部屋の机で勉強をしていても、視界におもちゃが転がっていては、ついつい手が伸びてしまいます。
習慣は幼いころから付いていくので、ほったらかしにしていると物事に集中できないまま育ってしまう可能性もあるでしょう。