賃貸の退去時に掃除はするべき?賃貸物件における原状回復基礎知識!

引っ越しで賃貸物件から退去する際、多くの方が困るのが『原状回復』についてです。単純に掃除をすればいいだけなのか、それとも借りる前の状態に戻すためにリフォームをしなければならないのかなど、知識がないとなかなか判断がしづらいところでしょう。

そこで、今回は賃貸物件における原状回復がどのようなものなのか、そして、実際にどのようなことをすればいいのかなどについて中心にご紹介します。

  1. 賃貸物件における退去時の掃除について
  2. 賃貸物件における義務と原状回復
  3. 退去トラブルについて
  4. 退去時の掃除はプロに頼もう!
  5. 賃貸にまつわる質問

これらの記事を読むことで、賃貸物件における原状回復がどのようなものなのかを学ぶことができます。退去時の掃除についても触れていますので、気になる方はぜひ最後までおつきあいください。

1.賃貸物件における退去時の掃除について

1-1.掃除は誰の義務?

国土交通省の発表している『原状回復を巡るトラブルとガイドライン』によれば、『原則として、貸し主は使用収益させるための修繕義務を負っている』となっています。つまり、ハウスクリーニング代は、本来貸し主が全額負担するべきものです。

しかしながら、契約書の特約等によって『ハウスクリーニング費用は借り主が負担すること』となっているケースがほとんどでしょう。

1-2.掃除の必要性について

なぜ、退去時には掃除をする方がいいのでしょうか。それは、『敷金の返還』のためです。あまり知られていませんが、敷金は貸し主に支払うお金ではありません。実は、『退去時の損害に対するための預け金』なのです。そのため、退去時に損害が認められなければ、敷金は全額返金されるのが原則となっています。そして、部屋が汚いというのも、当然のことながら損害です。

ですから、掃除をせずに退去する場合、敷金から原状回復費が引かれるため、敷金が返ってきません。返ってきたとしても、清掃代金分だけ値段が引かれてしまうでしょう。

敷金は安いものではありませんし、できれば全額手元に戻したいところですよね。しっかりと掃除を行い、敷金を無駄にしないようにしましょう。