野菜が生き返る「50度洗い」とは?正しいやり方と効果を知ろう

野菜野菜の「50度洗い」についてご存じでしょうか。
以前話題になり、実践している人も多いと思います。
その名のとおり「50度のお湯で洗う」ことにより、野菜の鮮度が蘇(よみがえ)るというもの。
実はこの方法、レタスなどの野菜だけでなく肉や魚、果物にも活用できるのです。
50度洗いのやり方や効果、メリットとデメリットについてまとめてみましょう。

  • 50度洗いについて知りたい
  • 洗う時間はどのくらいなのか?
  • やり方と効果は?

「おいしいご飯を作りたい」という主婦の方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.50度洗いとは

「50度洗い」という言葉は知っていても、実際にどうやってやるのか、どのような効果があるのか知らない人は多いと思います。
50度洗いとは具体的にどのようなものなのでしょうか。

1-1.50度洗いについて

「50度洗い」とは、言葉のとおり食材を50度前後のお湯で洗うことを言います。
そうすることで、食材がみずみずしく蘇(よみがえ)るのです。
その理由は、50度のお湯に入れることで「ヒートショック」という現象が起こることに関係しています。
葉っぱの表面にある気孔が開き、細胞に水分を取り込むことができるのです。
特に、レタスのような葉物野菜は収穫した時点から鮮度の低下が進行しています。
スーパーで購入したときには、見た目以上に水分が不足した状態なのです。
50度洗いをすることで細胞内にしっかりと水分を取り込むことができ、茎や根からの吸水以上に、確実に鮮度を上げることができるでしょう。
もちろん、50度なら食材が煮えてしまうこともなく、味や食感だけがよくなります。
野菜だけでなく、肉や魚にも効果的な50度洗い。
酸化した油や汚れを取り除くこともできるため、煮込み料理をするときに出るアクの量も減らすことができますよ。

1-2.新鮮になる

では、50度洗いをすることでどんな効果を得ることができるのでしょうか。
野菜や果物は50度のお湯で洗うと気孔が開き、水分を吸収する力が蘇(よみがえ)ります。
その結果、みずみずしさを取り戻すことができるのです。
さらに、食材の劣化をすすめる酸化物や菌は、50度で洗うことで減少します。
そのため、長く保存できるようになるでしょう。
実は、花なども50度洗いすることで長持ちする、ということが分かっています。

1-3.おいしくなる

50度洗いには、食材をおいしくする効果もあります。
野菜の渋みや苦みを取り除き、アクや臭みの原因を消すことができるのです。
また、酸化物質を洗い流すことで酸素の活動が活発になり、食材を一番おいしい状態にすることができるでしょう。
そして、うまみと甘みが増えることになるのです。

1-4.汚れが落ちやすくなる

50度洗いは、食材を新鮮でおいしくするだけのものではありません。
50度は食材を傷めずに洗いやすい温度でもあるのです。
スーパーで購入した野菜や果物は、薬品がかかっているものばかり。
当然、調理する前に洗いますがお湯で洗うことで薬品や虫も流しやすくなるのです。