壁紙についたタバコのヤニ汚れ、きれい落とすコツとは?

壁についたタバコのヤニに悩んでいませんか? 
特にアパートやマンションに暮らしている人は引っ越しの際に壁のヤニ汚れで大家さんとトラブルになったりすることも少なくないでしょう。また、壁がヤニで黄ばんでいると部屋に訪れた人からも悪い印象を持たれてしまう可能性があります。
「何とか壁のヤニ汚れをきれいにしたい」
そう思っている人は少なくないでしょう。そこで、この記事ではタバコのヤニ汚れの原因や落とし方などをご紹介していきたいと思います。頑固なヤニ汚れは、果たしてどうすればきれいになってくれるのでしょうか? 

目次

  1. ヤニで壁紙が汚れる原因
  2. ヤニ汚れの落とし方
  3. ヤニ汚れを防ぐ方法

1.ヤニで壁紙が汚れる原因

どうして壁紙はヤニで黄色くなってしまうのでしょうか。それは、タバコのヤニが壁紙に少しずつ付着し、固まっていくためです。このため、壁紙の黄ばみに悩まされている人は同時に部屋のニオイもタバコくさくなっていることが少なくありません。
特に壁が白い人は余計にタバコのヤニが目立ちやすくなるため、頭を抱えてしまうことが多いでしょう。このようなタバコのヤニ汚れに悩まされないようにするためには、日頃から部屋の中でタバコを吸わないなど、工夫をしていくことが必要不可欠です。でも、すでにすっかり壁が黄ばんでしまった…という人もいらっしゃると思います。その場合は、どうやって汚れを落とせば良いのでしょうか。