布団にカビが生えてしまった場合どうやって除去したらいい?

mold futon6月に入ると、すぐに梅雨がやってきます。梅雨の時期は、家の中にカビが生えることもあるでしょう。その中でも、特に困るのが布団に生えるカビです。そのままにしておけば、不衛生なだけでなく健康にも悪影響がでるかもしれません。

そこで、今回は布団にカビが生えてしまった場合の除去法や、カビを予防する対策をご紹介します。カビを放置しておくと、どんな危険があるのでしょうか? 布団にカビが生えてしまったので何とかしたいという方や、布団にカビが生えるのを予防したいという方はぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 布団にカビが生える原因は?
  2. 布団にカビが生えることによるデメリット
  3. 布団にカビが生えてしまったら?
  4. 布団にカビが生えないようにするには?
  5. おわりに

1.布団にカビが生える原因は?

まず始めに、布団にカビが生える原因をご紹介します。パイプベッドに布団を敷いている方も要注意ですよ。

1-1.部屋の湿度が高い

構造によっては、湿度が高くなりやすい部屋もあります。気温とともに湿度も高くなると、カビが繁殖しやすい環境になるでしょう。特に、日中は留守の家は風通しも悪くなるため、余計湿度が高くなりやすいです。また、布団の収納場所である押入れも湿度が高くなる場合があります。時折、押入れの湿度を確認するとよいでしょう。

1-2.布団を敷きっぱなしにしている

布団を敷きっぱなしにしていると、床に接している部分に湿気がたまりやすいです。また、人は寝ているときに汗をかきます。汗を吸い込んだ布団をいつまでも動かさないと、湿気がとばずにカビが生えやすくなるでしょう。布団を押入れに長い間しまいっぱなしにしている場合も同様です。さらに、パイプベッドに布団を敷いて使っている人も注意しましょう。

1-3.若い人が寝ている布団ほどカビが生えやすい?

若い人ほど新陳代謝が活発で、寝ている間に汗をかきます。特に、子どもや赤ちゃんはシーツが濡(ぬ)れるほど汗をかく場合も珍しくありません。汗を吸った布団は湿り気をおびて、カビが繁殖するには絶好の環境です。ですから、若い人が使う布団はカビ対策をしっかりと行いましょう。