誰でも上手にできるトイレ掃除の仕方、3つの方法を大公開!

掃除毎日使うトイレ。たくさん汚れがつきやすい場所ですよね。チョット掃除の手を抜いただけであっという間に汚れが溜まり、黄ばみや黒ずみがいっぱい付いてしまうこともあるでしょう。ですから上手なトイレ掃除の仕方を覚えることは大切なのです。あなたも、トイレの掃除方法にお悩みではありませんか?

そこで本日は、上手なトイレ掃除の仕方を3つご紹介いたします。毎日できる基本的なトイレ掃除の仕方や、頑固な汚れを落とすテクニック等も解説いたしますので、トイレ掃除の仕方にお悩みの方は是非参考にしてみてください。

  1. 毎日できるトイレ掃除3つのポイント
  2. 時間をかけて行なうトイレ掃除3選
  3. トイレ掃除の効率アップに役立つポイント!

1.毎日できるトイレ掃除3つのポイント

「毎日トイレ掃除をしたいけれど、掃除の時間があまり取れない」このような悩みを持っている方も多いことでしょう。あなたはいかがですか? そんなあなたの為に、毎日できる簡単なトイレ掃除の仕方をご紹介いたしましょう。

1-1.トイレの便器の掃除方法

まずは便器全体の汚れを拭き取ってください。便器を拭き取りながらトイレ全体をチェックすれば、汚れている場所を把握して掃除が必要な場所を見極めることができるでしょう。便座の裏や便器の淵には汚れがたまりやすいので重点的に掃除してください。

トイレの拭き掃除には水に濡れても大丈夫な「トイレ用拭き取りクリーナー」を使うのがオススメです。拭き掃除をするだけでトイレの消毒ができますし、使い終わった後はそのままトイレに流すことができますよ。

1-2.トイレの壁の掃除方法

トイレの壁には思った以上にたくさんの尿飛びが起きています。これをそのままにしておくと壁に黄ばみが起きる原因になるでしょう。男性がいる家では立ったまま用を足すスタイルが多い為、尿飛びに十分注意する必要があります。

トイレの壁の掃除方法は基本的に拭き掃除です。尿飛びは腰くらいの高さの壁に付きやすいので、その辺を重点的に掃除してください。

トイレの壁が壁紙の場合は中性洗剤を薄めて付けた雑巾を使って掃除をしましょう。ゴシゴシこすると傷んでしまうので、ポンポンと叩きながら汚れを落としてください。

1-3.トイレの床の掃除方法

トイレの床には、尿や手を洗ったときの水が飛び散ります。それらを放置しておくとカビや黒ずみの発生原因になるので、頑固な汚れが付く前にしっかり掃除しておきましょう。

トイレの床掃除にも「トイレ用拭き取りクリーナー」が役立ちます。床の汚れは便器に近い位置で起こりやすいので、便器近くの床を重点的に掃除しましょう。

基本的なトイレ掃除は拭き取りです。あまり時間がなくてもできる掃除なので毎日行うように心がけてください。