誰でも上手にできるトイレ掃除の仕方、3つの方法を大公開!

掃除毎日使うトイレ。たくさん汚れがつきやすい場所ですよね。チョット掃除の手を抜いただけであっという間に汚れが溜まり、黄ばみや黒ずみがいっぱい付いてしまうこともあるでしょう。ですから上手なトイレ掃除の仕方を覚えることは大切なのです。あなたも、トイレの掃除方法にお悩みではありませんか?

そこで本日は、上手なトイレ掃除の仕方を3つご紹介いたします。毎日できる基本的なトイレ掃除の仕方や、頑固な汚れを落とすテクニック等も解説いたしますので、トイレ掃除の仕方にお悩みの方は是非参考にしてみてください。

  1. 毎日できるトイレ掃除3つのポイント
  2. 時間をかけて行なうトイレ掃除3選
  3. トイレ掃除の効率アップに役立つポイント!

1.毎日できるトイレ掃除3つのポイント

「毎日トイレ掃除をしたいけれど、掃除の時間があまり取れない」このような悩みを持っている方も多いことでしょう。あなたはいかがですか? そんなあなたの為に、毎日できる簡単なトイレ掃除の仕方をご紹介いたしましょう。

1-1.トイレの便器の掃除方法

まずは便器全体の汚れを拭き取ってください。便器を拭き取りながらトイレ全体をチェックすれば、汚れている場所を把握して掃除が必要な場所を見極めることができるでしょう。便座の裏や便器の淵には汚れがたまりやすいので重点的に掃除してください。

トイレの拭き掃除には水に濡れても大丈夫な「トイレ用拭き取りクリーナー」を使うのがオススメです。拭き掃除をするだけでトイレの消毒ができますし、使い終わった後はそのままトイレに流すことができますよ。

1-2.トイレの壁の掃除方法

トイレの壁には思った以上にたくさんの尿飛びが起きています。これをそのままにしておくと壁に黄ばみが起きる原因になるでしょう。男性がいる家では立ったまま用を足すスタイルが多い為、尿飛びに十分注意する必要があります。

トイレの壁の掃除方法は基本的に拭き掃除です。尿飛びは腰くらいの高さの壁に付きやすいので、その辺を重点的に掃除してください。

トイレの壁が壁紙の場合は中性洗剤を薄めて付けた雑巾を使って掃除をしましょう。ゴシゴシこすると傷んでしまうので、ポンポンと叩きながら汚れを落としてください。

1-3.トイレの床の掃除方法

トイレの床には、尿や手を洗ったときの水が飛び散ります。それらを放置しておくとカビや黒ずみの発生原因になるので、頑固な汚れが付く前にしっかり掃除しておきましょう。

トイレの床掃除にも「トイレ用拭き取りクリーナー」が役立ちます。床の汚れは便器に近い位置で起こりやすいので、便器近くの床を重点的に掃除しましょう。

基本的なトイレ掃除は拭き取りです。あまり時間がなくてもできる掃除なので毎日行うように心がけてください。

2.時間をかけて行なうトイレ掃除3選

拭き取りだけのトイレ掃除は時間をかけずに毎日できる掃除方法ですよね。しかしながら、時々時間をかけてトイレの細かい部分に溜まった汚れも落としておく必要があります。そうしないと細かな隙間に黄ばみや黒ずみが溜まりトイレに溜まり、落ちにくい頑固な汚れになってしまうことでしょう。

黄ばみや黒ずみは、

  • トイレタンクの中
  • 便器の淵
  • 便器の水が溜まっている部分

に溜まりやすい汚れです。時間のあるときにしっかり掃除しましょう。では、時間をかけてやっておきたい3つの掃除方法をご紹介いたします。

2-1.トイレタンクの掃除方法

トイレタンクの中。定期的に開けて掃除していますか? トイレタンクの中には常に水気がある為、定期的に掃除しておかないと黄ばみや黒ずみが溜まってしまいます。では、トイレタンクをキレイに掃除する6つのステップをご紹介いたしましょう。

  1. トイレタンクに入る水を止める
  2. タンクの蓋を取り外す
  3. 蓋の裏側についた汚れをトイレ用洗剤で落とす
  4. トイレタンクの水を抜き中性洗剤で中をブラッシングする
  5. 洗い終わったら止水栓を開けてタンク内をすすぐ
  6. 最後に部品を全て組み上げ終了

トイレタンクは簡単に汚れるものではありませんが、半年もしくは1年に一度は掃除してください。そうすればタンク内に溜まる黄ばみや黒ずみをしっかり落とすことができますよ。

2-2.便器内についた黄ばみや黒ずみを取る

トイレの便器にも黄ばみや黒ずみがついてしまうことがあります。特に便座の内側は掃除しにくい為汚れが溜まりやすいですよ。

便器の内側についた黄ばみや黒ずみは、トイレ用洗剤をシップすると落ちやすくなります。ティッシュペーパーにトイレ用洗剤を付けて、汚れた部分に貼り付けて数分放置しましょう。その後、浮き上がった汚れをブラシでしっかり落してください。それでも汚れが落ない場合は、目の細かいサンドペーパーを使って汚れを削り取りましょう。

洋式便器の水が溜まっている部分に黒ずみができている場合は、重曹とクエン酸を使う掃除方法がオススメです。重曹とクエン酸を一緒に入れいると強い発泡作用が起こるため、頑固な黒ずみをキレイに落とすことができますよ。

2-3.トイレの換気扇についた汚れを落とす

トイレに設置してある換気扇も忘れてはいけない掃除場所です。換気扇はしっかり掃除できていないとホコリが溜まり、カビや異音が発生する原因になります。トイレの換気扇には分解できる物とできない物があるので、自宅の換気扇に合った方法で掃除をしてください。

取り外しができる物

  • ファン部分を取り外しホコリを取る。
  • カビがある場合はカビ取り洗剤を吹き付けてしばらく放置した後、水で洗い流す。
  • 換気扇内部の汚れも拭き取る。

取り外しができない物

  • 細いブラシや掃除機を使って換気扇内のホコリをキレイに取り除く。
  • 換気扇内部に溜まった汚れを可能な限り拭き取る。

このような方法でトイレの換気扇を掃除することができます。時間をかけてトイレ掃除をする時には、これら3つの掃除方法を意識してみてくださいね。

3.トイレ掃除の効率アップに役立つポイント!

ここまでで、基本的なトイレ掃除の仕方をご紹介いたしました。これらの方法を意識しておくなら常にトイレをキレイな状態に保つことができるでしょう。しかしながら、なるべく時間をかけずに効率よくトイレ掃除ができたらいいと思いませんか?では、そのコツを2つご紹介いたしましょう。

3-1.毎日掃除する

なるべく時間をかけないでトイレ掃除を行いたいなら、さぼらず毎日トイレ掃除をすることが大切です。毎日の掃除予定に基本的なトイレ掃除を含めておきましょう。

毎日基本的なトイレ掃除をしていればトイレに汚れが溜まりにくくなるので、時々時間をかけて行なうトイレ掃除を短時間で終わらせることができますよ。

3-2.汚れを発見したらすぐに掃除

「見つけた汚れはすぐに落とす」これもトイレ掃除を効率よく行なうポイントです。

  • トイレを使っている時に発見した汚れ
  • トイレを使っている時にうっかり付けた汚れ

このような汚れを見つけたらすぐに掃除してください。そうすればトイレに汚れが溜まりにくくなるので、毎日のトイレ掃除を効率よく行なうことができるでしょう。

まとめ

この記事では上手なトイレ掃除の仕方を3つご紹介いたしました。

  • 基本的なトイレ掃除は便器の拭き取り→壁の汚れ取り→床の汚れ取りの順に行なう
  • 定期的に時間をかけたトイレ掃除をして黄ばみや黒カビを取る
  • 毎日トイレ掃除を行ない、汚れを見つけたらすぐに掃除する

これらの点を意識してトイレ掃除をするなら常にキレイなトイレを保つことができますよ。是非自宅のトイレ掃除で実践してみてください。

自分でトイレ掃除をするのは大変! そんな方におすすめなのが、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で一躍有名になった家事代行サービス。その中でも今注目を集めているのが、家事代行ベアーズです。

今ならWEB限定の水回り掃除パックが2時間4,700円! まずはこちらから詳細をチェックしてください。