「掃除が苦手」を克服する! 脱・汚部屋のための掃除方法4選


「掃除がとにかくめんどくさい」
「キレイにしたいと思ってるけどなかなか重い腰が上がらない!」

掃除は重要な家事のひとつ。
しかし、重い腰をあげづらい家事の一つでもあります。
一度めんどくさいと思ってしまうと、手をつけたくなくなり、さらに汚れがたまり・・・そんな悪循環にも陥りやすいのです。

そこでここでは、苦手な掃除を克服する方法をご紹介しましょう。

筆者も昔は掃除が大の苦手・・・ですが、この4つを徹底することで掃除が得意になりました。
ぜひ参考になさってくださいね。

克服法1:片付けと掃除を同時にやらない!

掃除が苦手な人がよく行動しているのが「片付け」と「掃除」です。

片付けはモノを整理し、置き場所を決めて収納すること。
掃除はホコリや汚れを取り除き、清潔にしておくことです。

この2つを一緒にやろうとすると、掃除だけの場合よりもずっとやりづらくなります。

モノを片付けたり整理したりしながらホコリをはらい、拭き掃除をして・・・なんて、すごく大変ですよね?

まず、掃除が進まない人は家の中を見渡して「片付け」を先に行いましょう。
モノがない状態にするとずっと掃除しやすくなりますし、おっくうにもなりません。

これはとても重要なことなので、一番に実行してみてくださいね。

克服法2:水まわりの掃除から始める

家の中で最も汚れやすいと言っていいのが「水まわり」です。
水まわりは家族が毎日使う場所でもあり、放っておくと水垢が付着してすぐに汚れが発生します。

そのため、掃除がどうしてもできない!という方はまずは水まわりの掃除から徹底してみましょう。

1日1か所だけでも構いません。
今日はお手洗い、明日はお風呂、次は洗面所・・・と言った風にローテーションにしていけば、それほど汚れをため込まずに済みますし、慣れてきたら同時に掃除することができます。

掃除するときは、まずは洗剤を撒いて放置しておき、他のことをした後で汚れを取りましょう。
時間も有効に使えて一石二鳥です。

克服法3:掃除機は一番最後に

掃除と言えば思いつくのが掃除機掛けですが、床を掃除するのは一番最後。

他のところを掃除した後は床にホコリが落ちてきます。
それを最後にキレイにするのが掃除機掛けです。

掃除機だけかけても家の中はキレイになりません。
あくまでも掃除機はホコリを取り払うものですから、細かい掃除の後に行いましょう。

克服法4:キッチン回りは料理をしながら

ついつい汚れがたまってしまいがちなキッチン回りは、料理をしながら掃除するのが効率的です。

炊事が終わった後で調理器具を洗い、その流れでシンクや調理台、油の残るガスコンロなどを掃除しましょう。

キッチン回りは汚れが付きやすく、放っておくと取りづらくなります。
毎回の料理の後で、サッとひと掃除。
その繰り返しで汚れがたまらないキッチンにしていきましょう。

克服法5:「ついで掃除」で細かいところも!

細かいところまで行き届かない!という方におすすめなのが「ついで掃除」です。

歯磨きをしたついでに洗面台に洗剤を撒いておいてサッと洗う、お風呂に入ったついでに最後にお風呂掃除・・・などなど、そこを使ったついでに掃除してしまうのです。

そうすれば掃除のために時間を割く必要もなくなります。
時間のない共働きのご夫婦などにおすすめの掃除法です。

掃除を克服するには時間短縮も大切なカギ!
時間が短縮できる「ついで掃除」で、わざわざ掃除をする、という感覚をなくしてしまいましょう。

いかがでしたでしょうか。
苦手な掃除を克服する方法を4つご紹介しました。
徹底していけば必ず掃除が上手になります!
ぜひ試してみてくださいね。